ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

楽天も参入する格安スマホ市場
イオンでは半数が50歳以上の指名買い

ダイヤモンド・オンライン編集部
2014年10月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

イオンやビッグローブ、ビックカメラなど、多くの事業者が参入している格安スマートフォン市場。費用は大手携帯電話会社の半額以下とあって、シニア層を中心に大きな支持を得ている。楽天が新たに参入し、格安スマホ向けに定額でアプリを使い放題できるサービスも登場するなど、使い勝手も大きく向上している。

月額2000円台でスマホが使える
容量や通信スピードも大きく改善

 10月29日、楽天は格安スマホ市場に参入すると発表した。月額費用は2200円程度になる見込み。端末は、2万6400円で販売する。同日、PCソフトなどを販売するソースネクストは、格安スマホ向けに月額360円でアプリ使い放題をできる「アプリ超ホーダイ」サービスを開始すると発表した。

イオンが大ブレイクのきっかけを作り、楽天も新規参入。格安スマホは大手キャリアのスマホを脅かす存在になりつつある

 携帯電話といえば、NTTドコモやソフトバンク、auと契約し、端末を買うというのが、つい最近までの定番だったはずだが、ここにきて格安スマホがブレイクしようとしている。

 格安スマホとは、ドコモなどの通信事業者から回線を借りてサービスを提供するMVNOと呼ばれる事業者が提供する格安SIMカードと、スマホ端末をセットで販売することを指す。

 今年4月、イオンが端末代と通信料合わせて2980円で発売した格安スマホは、メールやインターネット閲覧くらいなら問題ないものの、通信速度は遅く、容量も少なめだった。「スマホの料金体系が複雑だと感じたり、高いと感じていたシニア層を中心にヒットした」(橋本昌一・イオンリテール住居余暇商品企画本部デジタル事業開発部部長)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ニュース3面鏡

インターネットの登場以来、以前にもまして巷にはニュースがあふれ返っています。そうしたニュースや出来事の中から、DOL編集部が気になる出来事を厳選し、正面のみならず右から左から、価値あるニュース、楽しいニュースをお届けします。

「ニュース3面鏡」

⇒バックナンバー一覧