ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

「SIMロック」解除でも
終わらないユーザー囲い込み

週刊ダイヤモンド編集部
2014年7月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

モバイル市場はもっと健全な競争を──。総務省が高止まりする通信料金やサービス多様化を妨げる元凶とにらむ「SIMロック」の解除義務化に乗り出した。

 スマートフォンユーザーにとって、本当に“バラ色の未来”が待っているのだろうか──。

TSUTAYAは販売を取りやめたが、今後、多様な契約オプションが現れることになりそうだ
Photo by Naoyoshi Goto

 7月上旬、東京・神谷町にある「TSUTAYA」の入り口のスペースに、スマホがずらりと並べられた。店舗に入ると、よく見慣れた雑誌コーナーや書棚、DVDのレンタルコーナーよりも先に、この売り場に掲げられた「SIMフリー」の大きなサインが目に飛び込んでくる。

 実はこれ、全国で約1450店舗を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブが、実験的に始めた新規ビジネスの第1号店だ。

 背景には、スマホの高い通信料金が、同社が提供している映画や音楽などのエンターテインメントへの出費を圧迫しているのではないか、という分析がある。格安料金のスマホを提供し、そこで浮いたお金を、他の娯楽に使ってもらいたいというわけだ。

 現時点で販売しているスマホは3機種で、中国ファーウェイ社の「アセンドG6」が2万9800円と最も高く、一番安価なものは2万円を切る。

 携帯電話はSIMカードを差し込むことで利用可能となるが、現在、大手通信キャリア(NTTドコモ、ソフトバンク、KDDI)で契約した端末は、他社の回線で使えないようなロックが掛けられているのが通常だ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月28日号 定価710円(税込)

特集 劇変世界を解く 新地政学

世界史の大転換が始まる

【特集2】
銀行界も戦々恐々
コンビニATM戦争

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧