ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

ジェーシービー社長 浜川一郎 
海外展開で3年後に会員数1億人を目指す

週刊ダイヤモンド編集部
2014年10月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

旧三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)出身の浜川一郎氏が、6月にジェーシービー社長に就任した。今後の方策を聞いた。

――今年、策定した中期経営計画では、カード会員数を2016年度末までに約1億人にするとの方針です。とりわけ、海外で大きく伸ばす方針ですが、その方策はどのようなものでしょうか。

はまかわ・いちろう/1956年2月6日生まれ。78年に京都大学経済学部を卒業し、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。2002年UFJ銀行の麹町法人営業部長、05年UFJホールディングス執行役員経営企画部長兼統合企画室長を経て、同年三菱UFJフィナンシャルグループ執行役員。06年三菱東京UFJ銀行執行役員、09年常務執行役員、11年三菱UFJフィナンシャルグループ常務執行役員、12年代表取締役専務取締役企画担当を経て14年6月にジェーシービー社長に就任。
Photo by Kazutoshi Sumitomo

 現在、カード会員数は約8400万人ですが、そのうち海外の会員数は約1800万人だ。それを約3000万人に増やす計画です。海外の会員数のうち中国と韓国、台湾の3カ国で約90%を占めていますので、ASEAN諸国を中心に提携先の銀行を増やすことで拡大する考えです。

 具体的には、アジア10カ国と言っており、インドネシアやフィリピン、タイ、ベトナムなどASEAN諸国で広げ、次にブラジルやインド、ミャンマーに展開していこうと考えています。

 もっとも、各国の経済発展段階や一人あたりGDPも異なります。それに、各国の政治情勢にも左右されますので変動要因はあります。ですが、過去3年を振り返ると、6700万人だったカード会員が倍増しています。

 また、海外のカード会員が日本に旅行に来て、日本の加盟店で使う取引量は前年比4割〜5割ぐらい伸びています。

 来年年明けから海外の提携先を訪問していきます。アグレッシブな目標ではありますが、決して無理ではないでしょう。

――米国では米大手カード会社のディスカバーと提携し加盟店が増えていますが、まだまだ日本人の認知度が低いままです。

 お客様の中には米国で使いやすくなったね、という声も聞こえてきますが、まだまだですね。ただ、徐々に浸透していくだろうと見ています。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧