ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

シティ事業買収で懸念再燃
邦銀に牙むくあの“魔物”

週刊ダイヤモンド編集部
2014年10月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
シティ銀事業買収の2次入札に残った銀行の中でも、前向きといわれる新生銀行なのだが、悩みを抱えている
Photo:JIJI

 交渉が続くシティバンク銀行の売却案件。買い手候補の中には、業界の悩みの種である、“魔物”を前に足がすくんでいる銀行もいる。

 10月14日、米金融大手シティグループは、日本を含む世界11市場で個人向け事業から撤退すると発表した。邦銀との間で進むシティ銀の個人向け事業と、クレジットカード事業の売却交渉も、その世界的なリストラ策の一環だったというわけだ。

 このシティ銀の事業売却交渉は9月に1次入札が行われ、売却先候補が4行程度に絞られた。シティ銀は10月末から11月にかけて2次入札を実施し、年内には売却先を決定したい考えだ。

 買収に名乗りを上げた邦銀はどこも慎重な姿勢で、1次入札を経て数が絞り込まれた今もそれは変わらない。「シティ」のブランドとサービスが剥げ落ちれば、顧客が流出してしまう可能性大だからだ。加えて、銀行の個人向け事業は実質的に赤字事業のため、「値付けが極めて難しい」(買い手候補の銀行幹部)事情も重なる。

 さらに、ここにきて2次入札に進んだ銀行の中で、別のリスクに対する懸念をささやく声が上がる。それがシステムリスクだ。

銀行業界は装置産業

 システムリスクが顕在化した代表例として記憶に新しいのが、東日本大震災の直後に起きた、みずほ銀行の大規模なシステム障害だ。ただ、規模の違いこそあれ、今年4月には三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行もそろってシステム障害に陥っている。高度化と複雑化を繰り返す基幹システムは、多くの銀行にとって、いつ牙をむくか分からない“魔物”といえた。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧