ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ビル・エモット 特別インタビュー
「オバマ政権の日本軽視は誤報!
アジア重視の鳩山外交は米国の願い」

2009年11月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

普天間飛行場移設問題の結論を見出せぬまま、オバマ米大統領を日本に迎えた鳩山首相。せっかくの外交の見せ場も、日米同盟の前途を危ぶむ声の前に、台無しとなった印象は否めない。だが、英国の高級紙「The Economist(エコノミスト)」の前編集長で『日はまた昇る』の著者ビル・エモット氏は、日米関係の冷え込みは一時的なものにすぎないと見る。米国の政策立案者とも太いパイプを持つ同氏は、アジア重視の鳩山外交は中国を持て余すオバマ政権にとって「渡りに船」となる可能性が高いと読む。
(聞き手/ダイヤモンドオンライン副編集長、麻生祐司)

ビル・エモット
Bill Emmott(ビル・エモット)
1956年8月英国生まれ。オックスフォード大学モードリン・カレッジで政治学、哲学、経済学の優等学位を取得。その後、英国の高級週刊紙「The Economist(エコノミスト)」に入社、東京支局長などを経て、1993年から2006年まで編集長を務めた。在任中に、同紙の部数は50万部から100万部に倍増。1990年の著書『日はまた沈む ジャパン・パワーの限界』(草思社)は、日本のバブル崩壊を予測し、ベストセラーとなった。『日はまた昇る 日本のこれからの15年』(草思社)、『日本の選択』(共著、講談社インターナショナル)、『アジア三国志 中国・インド・日本の大戦略』(日本経済新聞出版社)など著書多数。現在は、フリーの国際ジャーナリストとして活躍中。 Photo by Justine Stoddart

―インド洋給油活動停止問題、アジア重視の外交を謳った鳩山論文、そして普天間飛行場移設問題の紛糾など、9月の民主党政権発足以来のごたごたで日米関係がぎくしゃくしている。ここまでの鳩山政権の対米外交をどう見るか。

 いくら寄り合い所帯とはいえ、バラバラの見解が主要閣僚の口からメディアに公然と伝わる事態を許す鳩山首相の統率力の低さや様々な局面で浮き彫りになる場当たり的な対応そして具体的プランの欠如には、率直に言って、私も落胆を覚える。

 しかし、日米同盟が危機と呼ばれるほどの事態に陥っているかといえば、そうではないし、中長期的な視野で見ても、その危険性は低いだろう。そもそもオバマ政権は、中国の台頭を受けて、日米同盟をアジア地域の安定と米国の影響力維持に役立つプラットフォームとして高く評価し、その存在をいっそう重視している。諸事に軋轢が高まるのも、その期待の裏返しだ。

 普天間飛行場移設問題は、沖縄の人たちからすれば、確かにとてつもなく大きな問題だが、国際政治という(冷酷な)世界では、どこに移設すれば良いかというテクニカルな懸案だ。鳩山民主党政権が自民党政権の時代に決まったこと(沖縄県名護市の米軍「キャンプ・シュワブ」沿岸部への移設)を再協議にかけたことで、ワシントンの実務方は怒っているようだが、政権が交代すれば、外交の主要議題は仕切り直しを求められるものだ。アメリカ側の怒りは正当化されるものではないし、そもそもオバマ政権の中枢が外交の駆け引きとしてのポーズは別として、日米関係を本気で冷え込ませるほどの行動に出るとは思えない。

 先の衆院選中に「県外移設」を公約した鳩山政権が、たとえ最終的に自民党の旧政権とあまり代わり映えのしない結論に落ち着いたとしても、支持してくれた自国民の利益のために、この議題を持ち出し、米国側に再考を促すのは至極当然のことだ。メディア上ではこれからまだ当分のあいだ、ぎくしゃくする日米関係の象徴としてこの問題が報じられるだろうが、政府当事者間の感情的なもつれのピークはすでに過ぎているのではないか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧