ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
齋藤ウィリアム浩幸 日本の欠落、日本の勝機

局所的な「危機対応」では不十分
複数のトラブルが同時に起きる事態に備えよ

齋藤ウィリアム浩幸 [内閣府本府参与]
【第5回】 2014年11月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

エボラ出血熱の封じ込めに
各国の懸命の努力が続く

 エボラ出血熱の世界的な感染拡大が危惧されています。

 アフリカで流行し始めた当初、世界各国の医療関係者たちと議論する機会がありましたが、米国の医者は「医学が優れているから感染拡大は防げる」「問題ない」と、抑え込みに自信を持っていました。

 一方、アジアの医者も「鳥インフルエンザやSARS(重症急性呼吸器症候群)で経験しているから感染拡大は食い止められる」という認識でした。

 しかし、そうした楽観的な雰囲気は、米国内でエボラ出血熱患者の対応にあたった医療関係者の二次感染が相次いだことで吹っ飛んでしまったようです。私の米国やアジアの友人も今ではエボラ出血熱をとても恐れています。

 幸い、エボラ出血熱に二次感染した米国の看護師2人は完治しましたが、アジアの友人が今危惧しているのは中国とインドでの感染拡大です。

 中国では、10月半ばから11月初旬にかけて「広東フェア(中国輸出入見本市)」が開催されましたが、ここには毎年、世界中から約20万人のバイヤーが訪れます。その1割がアフリカから。さらに、世界各国から中国人が一斉に帰国する旧正月が控えています。

 さらに危険と言われているのがインドです。鳥インフルエンザやSARSも経験していないし、中国よりも医療施設が整っていないからです。

 でも、私がこんな話をするのは、皆さんを不安にさせたいからではありません。こんな時こそ冷静に状況を把握し、ムダにパニックにならないようにすべき、と言いたいのです。

リスクと向き合い
冷静に見極めることが必要

 たしかにエボラ出血熱は怖い病気ですが、空気感染はしませんから、インフルエンザよりも感染リスクは低いのです。

 インフルエンザで毎年、米国では2~3万人、日本では1万人ほどが季節性のインフルエンザによって直接、または他の病気を引き起こして命を落としていると推計されています。毎年それくらい死亡するリスクがあるにもかかわらず、予防接種を受ける人は多くありません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

齋藤ウィリアム浩幸 [内閣府本府参与]

さいとう・ウィリアム・ひろゆき
1971年ロサンゼルス生まれの日系二世。16歳でカリフォルニア大学リバーサイド校に合格。同大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部卒業。高校時代に起業し、指紋認証など生体認証暗号システムの開発で成功。2004年に会社をマイクロソフトに売却してからは日本に拠点を移し、ベンチャー支援のインテカーを設立。有望なスタートアップ企業を育成している。12年には、総理大臣直属の国家戦略会議で委員を拝命し、国会事故調査委員会では最高技術責任者を務めた。また13年12月より内閣府本府参与に任命されている。世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2011」選出。2015年6月より、パロアルトネットワークス合同会社副会長に就任。著書に『ザ・チーム』(日経BP社)、『その考え方は、「世界標準」ですか?』(大和書房)。

ご意見は、ツイッター@whsaitoまで。

 


齋藤ウィリアム浩幸 日本の欠落、日本の勝機

歴史的に、世界に挑むチャレンジ精神は本来、日本人が持っていた気質。しかし今の時代、日本のお家芸“ものづくり”だけでは新興国に負けるのは火を見るよりも明らかだ。成長へと反転攻勢に転じるために必要なものは何か――。それは革新的なイノベーションを起こすための「世界標準の思考」に他ならない。気鋭の起業家であり、技術者である筆者が、日本が再び世界をリードしていく道はなにかを説く。

「齋藤ウィリアム浩幸 日本の欠落、日本の勝機」

⇒バックナンバー一覧