ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
佐高 信の「一人一話」

「山のあな、あな、あな……」
吃(ども)りをバネにした三遊亭圓歌

佐高 信 [評論家]
【第9回】 2014年11月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「山のあなたの空遠く 幸い住むと人の言う」

 カール・ブッセの詩である。

 それを現圓歌の三遊亭歌奴が「授業中」という落語にして爆発的人気を得た。「山のあな、あな、あな」と吃(ども)るのである。

先代も吃音を克服
「痛えと思ったら、吃るな」

 先代の圓歌も吃音だった。新潟出身で訛りもあった先代は吃音と訛りの二つのハンディを克服して落語家となった。

 現圓歌が先代から稽古をつけられる。
 「おい、前に囲いができたな」
 「へーい」

 最初にこれをやってみろと言われて、やろうとしても、どうしても「前」と言えない。

 「ンン……」と吃っていると、パーンと豆をぶつけられた。

 「痛えと思ったら、吃るな」というわけで、吃るたびに、それが飛んでくる。そして、「豆拾ってこい」と言われて、拾うと千いくつあった。

 それが1ヵ月経つと500になり、2ヵ月で300になり、3ヵ月で100になって、最後は10くらいまでになった。

 「師匠はね、弟子を殴るんですよ。俺の気持ちがどうしてわからねえんだってね。その時にひょいと見ると、師匠泣いているんですよ」

 こう語っている圓歌に、先日、『俳句界』の対談で会った。私はこの雑誌で「佐高信の甘口でコンニチハ!」という連載対談をやっているのだが、師匠にも登場してもらったのである。

 「先代も吃音だったそうですね。稽古で間違える度に豆をぶつけられたとか」最初に私がこう問いかけると、圓歌は、「そうそう。吃るたんびに豆を一つずつぶつけてくるんだよ。上手かったね、指にのっけて、ぴょこんぴょこんとね」と答え、さらに私が、「ちゃんと当たるんですか」と重ねて尋ねると、「当たる時もあるし、ごまかして逃げる時もあったね。その豆が下に溜まるんだけど、結局ね、それがだんだん少なくなってきた。

 私が吃りだって言うと喜んじゃって。よく『お前はあそこでつっかえたから、あの山のあなあな……か、あんなに人気になった。俺はすらすら言えるから、いけねえ』って言ってましたよ」と応じ、一拍置いて、「すらすら言えやしねえんだけどね」と笑った。

 圓歌は、落語家になれば吃りが治るんじゃないか、と思ったという。もちろん、最初から吃りの師匠を選んだわけではない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

佐高 信 [評論家]

さたか・まこと 1945年山形県酒田市生まれ。評論家、『週刊金曜日』編集委員。高校教師、経済雑誌の編集者を経て評論家に。「社畜」という言葉で日本の企業社会の病理を露わにし、会社・経営者批評で一つの分野を築く。経済評論にとどまらず、憲法、教育など現代日本のについて辛口の評論活動を続ける。著書に『保守の知恵』(岸井成格さんとの共著、毎日新聞社)、『飲水思源 メディアの仕掛人、徳間康快』(金曜日)など。


佐高 信の「一人一話」

歴史は人によってつくられる。ときに説明しがたい人間模様、ふとした人の心の機微が歴史を変える。経済、政治、法律、教育、文化と幅広い分野にわたって、評論活動を続けてきた佐高 信氏が、その交遊録から、歴史を彩った人々の知られざる一面に光をあてる。

「佐高 信の「一人一話」」

⇒バックナンバー一覧