ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
相続に困ったら最初に読む本
【第1回】 2014年12月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
曽根恵子 [公認不動産コンサルティングマスター、相続対策専門士]

誰にお願いするのが正解?
相続がうまくいく方法、教えます!

1
nextpage

2015年1月1日から相続に関する制度が大きく変わります。テレビや新聞、雑誌をとおして、相続という言葉をよく目にするようになりました。相続は、家庭の不和や絶縁、お金でのトラブルなど負のイメージがつきものです。手続きも面倒くさそうですよね。でも、その根っこには、専門家の選択を誤ったことが火種となっていたら……悔やんでも悔やみきれません。相続はとにかく困ることの連続です。だから、専門家(弁護士、税理士、信託銀行など)に頼りますが、それがすでに危ないのです。

では、どうすればいいのか? 失敗しない相続のために必要な知識と事例を、新刊『相続に困ったら最初に読む本 専門家に頼む前に最低限知っておきたい15のこと』の著者である曽根恵子さんにお聞きします。

相続の悩みの種は「不動産」
相談相手を間違っていませんか?

曽根恵子(そね・けいこ) 株式会社夢相続 代表取締役。一般社団法人相続コーディネート協会 代表理事。 日本初の相続コーディネーターとして1万3000件の相続相談に対応。 感情面、経済面に配慮した“オーダーメード相続”を提案し、家族の絆が深まる相続の実現をサポート。NHK 「あさイチ」、TBS「Nスタ」、フジテレビ「とくダネ!」「ノンストップ! 」をはじめ、新聞、雑誌に数多く登場し、注目を集めている。 著書に、『相続税は「生前の不動産対策」で減らせ! 』『相続はふつうの家庭が一番もめる』(ともにPHP研究所)、『図解でわかる相続税を減らす生前の不動産対策』『図解でわかる相続発生後でも間に合う完全節税マニュアル』(ともに幻冬舎)など多数ある。

 私が相続コーディネートをするようになってから実に22年。今までに1万3000件以上の相続相談を受けて、アドバイスや相続実務のサポートをしてきました。

 一人ひとり、家族の状況や財産の内容が違いますので、ひとつとして同じ事例がありません。それでも、「相続ではどのようなことに悩まれるのか」「なぜ、相続のときに大変になるのか」、次第にその本質や理由がわかるようになってきました。

その原因のひとつは、「不動産」です。

 財産の半分以上が不動産で、たいていの方は不動産を所有しています。「不動産があるから相続税がかかり、納税が難しい」「不動産は個々に違い、評価が難しい」「不動産があると分けにくく、もめてしまう」など。

 相続では不動産の知識がないと節税ができずに、トラブルのもとをつくることになりかねません。

 ところが、多くの方が相談したり、依頼したりする「弁護士」「税理士」「信託銀行」などは、いずれも不動産の専門家ではないのです。

 多くの方が、「税理士や金融機関などで相続税の概算を出してもらったけれども、その次の提案がなく、どうしていいかわからずに困っている」「弁護士に相談したが、具体的なことは何もできなかった」という問題を抱えて相談に来られるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


曽根恵子 [公認不動産コンサルティングマスター、相続対策専門士]

日本初の相続コーディネーターとして1万件以上の相続相談に対処。感情面、経済面に配慮した「オーダーメード相続」を提唱し、安心で円満な相続の実現に取り組む。著書に『相続に困ったら最初に読む本 』(ダイヤモンド社)、『相続はふつうの家庭が一番もめる』(PHP新書)など多数。 ホームページ http://www.yume-souzoku.co.jp/


相続に困ったら最初に読む本

いま相続の相談で「専門家(弁護士、税理士、信託銀行ほか)とのトラブル」が増えています。家族間の不和やお金でのトラブルなどが話題にあがりますが、相続する方が予備知識なしに専門家に依頼をするから、トラブルに発展しているのです。本連載では、「何がきっかけで失敗したのか」「どこをどのようにして解決したのか」など、24の事例から一部を紹介します。

「相続に困ったら最初に読む本」

⇒バックナンバー一覧