ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経済ジャーナリスト 町田徹の“眼”

待ったなしの郵政改革の芽を摘みかねない麻生発言の罪

町田 徹 [ジャーナリスト]
【第64回】 2009年2月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 麻生太郎首相は、郵政事業の民営化の一翼を担った責任を糊塗しようとするかのような答弁を繰り返して国民の苛立ちを募らせている。

 一連の発言は、弁護の余地がないほど情けない。身内の自民党からも首相を諌める声が噴出している。だが、問題は、政治家の言葉として情けないということにとどまらない。

 むしろ、経営的に行き詰まりつつある日本郵政グループの4事業会社体制の矛盾や郵便局の全国ネットの危機を指摘して、構造的な是正策の必要性を論じることをタブーにしかねないムードを醸成していることこそ、麻生発言の救い難い“罪”とみなすべきではないだろうか。

 「私の場合、小泉総理の下にあって、賛成でなかった。解散の詔書にも署名しないと言って問題になった立場。しかし、内閣の一員として最終的に署名しました」

 「ひとつだけ言わせて下さい。皆さん、勘違いされている。私は(総務大臣であって、郵政民営化)担当大臣ではなかった」

 「皆、意図的かどうかわからないが、一緒にしたがっているが、郵政民営化の担当は竹中(平蔵)さんだった。私は反対だとわかっていたので、私だけ外されていました。これだけは記憶して。妙に濡れ衣を着せられるようなことは、甚だ面白くないから」

 麻生首相は5日の衆議院予算委員会で、延々と、この情けない発言を続けた。

 質問者の筒井信隆議員(民主党)が呆れて、

 「信念のある政治家なら、意思を明確にすべきだった。それなのに、サインしたのですか」

 と皮肉っても、麻生首相は一向にその意味を理解できなかった。そして、

 「最後まで(サイン)しなかったため、揉めた」

 と逆に胸を張って見せたのだ。

 結局のところ、この首相は、自らの意思を曲げてまで大臣の椅子に固執したことへの恥など感じないらしい。

 むしろ、この首相にとっては、最後まで反対したことが十分に誇れる、素晴らしい手柄だと言うのである。だからこそ、小泉・竹中コンビが進めた郵政民営化が今なお気に入らず、「私は外されていた」と言い続けているわけだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

町田徹 [ジャーナリスト]

1960年大阪府生まれ。神戸商科大学(現兵庫県立大学)卒。日本経済新聞社に入社後、記者としてリクルート事件など数々のスクープを連発。日経時代に米ペンシルバニア大学ウォートンスクールに社費留学。同社を退社後、雑誌「選択」編集者を経て独立。日興コーディアルグループの粉飾決算をスクープして、06年度の「雑誌ジャーナリズム賞 大賞」を受賞。「日本郵政-解き放たれた「巨人」「巨大独占NTTの宿罪」など著書多数。


経済ジャーナリスト 町田徹の“眼”

硬骨の経済ジャーナリスト・町田徹が、経済界の暗部や事件を鋭く斬る週刊コラム。独自の取材網を駆使したスクープ記事に期待!

「経済ジャーナリスト 町田徹の“眼”」

⇒バックナンバー一覧