ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
部下に悩む 上司のための心理学
【第15回(最終回)】 2009年8月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
衛藤信之 [心理カウンセラー]

価値観が異なる部下を納得させる方法

1
nextpage

 前回、上司と部下の価値観が対立した場合に、上司が「部下に指導できないジレンマ」に陥るといったケースをご紹介しました。しかし、このような状況のときにも、部下が自分の価値観を進んで変えていくような指導法があります。

 その部下を指導するときのポイントは、「価値観を一方的に押し付ける」のではなく、「価値観を納得して受け入れてもらう」ということです。そのためのアプローチとして、次の2つの方法が効果的です。

【部下が受け入れる指導法】
 ・モデリング
 ・具体的なデータや事例を示す

自分自身がモデルになる

 人はどのような状況のときに、他人の「価値観」や「指導」を受け入れようとするのでしょうか。

 上司が部下に対して指導力を持つための1番の方法は、「部下から尊敬されている」という関係になることです。上司としての権力を使って部下を指導することはできません。部下に1番の影響力を持つのは、上司の「魅力」なのです。

 世の中には強力な人望力やリーダーシップ能力を備えているカリスマがいます。そういう人になるのが理想でしょうが、別に天性の才能がなくてもいいのです。あなたには、あなたの魅力があるはずです。部下がその魅力に共感したときに、強い関係が生まれます。「ああいう人間になりたいな」「あの人みたいなビジネスマンになりたいな」「あの人は自分のことを理解してくれているな」と部下に思ってもらえるかどうかが大切です。

 尊敬している人物、好感を持っている人物から、人は見習おうと考えるのです。

 たとえば、ファッションリーダーと言われた安室奈美恵さん。彼女のファッションを若者が取り入れるのは、彼女が、いまの時代の若者に好かれているからです。みんなが彼女に好感を持っているから、「ああいうふうになりたいな」と考えて、ファッションを真似するのです。嫌いな人からは真似しようとは思いません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


衛藤信之 [心理カウンセラー]

日本メンタルヘルス協会代表。心理学の学派や権威にとらわれずに、難しい理論を面白おかしく説明できる逸材として、語りでは吉本風心理学の異名をとる。心理カウンセラーのなかでは顧問企業数はトップクラス。講演や研修を行うかたわら、全国で心理学のゼミナールを開催。著書に『心時代の夜明け』(PHP研究所)などがある。


部下に悩む 上司のための心理学

権威をふりかざしたリーダーシップではいつまでたっても部下は思い通りにならない。人間心理を踏まえた部下とのコミュニケーション術や魅力あるリーダーになる方法を紹介する。

「部下に悩む 上司のための心理学」

⇒バックナンバー一覧