ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
“超円安”に勝つ資産運用byダイヤモンドQ

がん保険料ランキング
あんしん生命が首位

「ダイヤモンドQ」編集部
【第17回】 2014年12月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

がんは治療費以外の費用がかさみ、経済的な負担も大きい。ダイヤモンドQ編集部では、診断給付金100万円のがん保険で保険料ランキングを作成したので、その一部を披露する。

 日本人の死因で最も多いとされるがん。一生のうちにがんになる確率は「2人に1人」ともいわれる。

 だが、そこには数字のトリックがある。国立がん研究センターの調査によると、男性のがん罹患率は50代を超えたあたりから急上昇する。ただ、「2人に1人」には超高齢者も含まれており、そのころにはがんの進行も遅くなり、さほど脅威ではなくなっていくという点に留意したい。

 また、医療技術の進歩とともに、がんはかつてのような“不治の病”ではなくなりつつある。がん保険あるいはがん特約に加入している人は日本人全体の約3割。医療保険(約7割)の半数以下でしかない。しかし、がんは他の病気に比べると治療費ほかの費用がかさみ、社会復帰までの時間がかかる。

 がん保険のメリットは100万円単位の大きな診断給付金が受け取れる点にある。以前は診断給付金の支払い回数は1回が主流だったが、最近では再発に備えて、2年に1度を限度とし何度でも診断給付金が支払われる商品が主流になりつつある。

 なお最近は、がんをはじめとする三大疾病の保障を特約で付けられるようにした医療保険が増えている。

 がんに対する保障は、「がん保険」と「医療保険のがん特約」ではどちらを選べばいいのだろうか。

 「保険料だけを考えるなら、特約の方が安上がり。ただ、特約の場合は主契約を解約すると、特約も自動解約になる点に留意したい。例えば、医療保険にがん特約を付けた場合、『貯金ができたから医療保険は解約したいが、がん保険は持ち続けたい』という選択ができない」(横山氏)ので、自分の状況に応じて決めよう。 

次のページ>> あんしん生命が一位
1
nextpage

「資産運用」についてもっと知りたいなら、
実用ライフスタイル誌ダイヤモンドQをどうぞ!

あなたのQuestionにズバッと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。
相続、老人ホーム選びから、資産運用まで、
人生の重大な決断を骨太の記事やランキングで手助けします。

創刊準備2号 好評発売中(税込780円)

ダイヤモンドQ創刊準備2号

第1特集「超円安・株高に乗れ!マネー運用完全マニュアル」
投資信託から不動産、太陽光発電投資まで、投資ノウハウを伝授

第2特集「間違いだらけの相続対策!」
多くの失敗事例をベースに、相続のイロハを分かりやすく解説

第3特集「人生を豊かにする本と映画ベスト70」
小泉武夫、山田あかね、上野千鶴子、島田雅彦が推薦!

連載対談 櫻井よしこ&百田尚樹
「何のために書くのか。なぜ戦うのか。日本人とは何か(後篇)
日本の素晴らしさを次代に継承していくため、時にはきついことも言わなければいけない

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


“超円安”に勝つ資産運用byダイヤモンドQ

最近の急激な円安や株バブル、そして過去に例を見ない“超”低金利時代の到来に驚いている人は多いだろう。しかし、冷静に一歩引いて考えてみれば、日本は世界一の借金国であり、貿易収支も赤字転落寸前で、国家自体の衰退が近づいており、将来は円安、インフレ傾向が強まるのは間違いない。そんな時代でも生き残ることができる、資産運用術を提供しよう。

「“超円安”に勝つ資産運用byダイヤモンドQ」

⇒バックナンバー一覧