ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
世界で闘う仲間のつくり方
2015年1月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
野中郁次郎 [一橋大学名誉教授]

世界で闘う仲間のつくり方【前編】
オープンシステムとしてのトレンドマイクロ

1
nextpage

台湾生まれの3人が、アメリカで創業、日本に本社を置いて、世界中でビジネスを展開するイノベーティブな企業として知られるトレンドマイクロ。同社の一風変わった企業文化とマネジメントの秘訣を創業者が明かした『世界で闘う仲間のつくり方』から得られる教訓を、著者のジェニー・チャンと、トレンドマイクロの共同創業者であるスティーブ・チャン、エバ・チェン、ならびに、推薦者の野中郁次郎一橋大学名誉教授が語った。

オープンシステムとしてのトレンドマイクロ

野中 ジェニー・チャンさんが書かれた『世界で闘う仲間のつくり方』、大変興味深く拝読いたしました。

 トップが二人三脚で経営を行う優れた企業はいくつもあります。例えば、本田宗一郎と藤沢武夫のホンダ、井深大と盛田昭夫のソニー、スティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックのアップルです。最近の例ですと、ラリー・ペイジとサーゲイ・ブリンのグーグルもそうです。それに対して、トレンドマイクロでは、本の著者であるジェニーさん、その夫であるスティーブ・チャンさん、そしてジェニーさんの妹さんであるエバ・チェンさんの3人で経営を行っています。

 この本は、3人がいかに協力してトレンドマイクロをつくり上げてきたかを書いていますが、単なる事実の羅列ではなく、事実の関係性や背後にある事情も細大漏らさず、いきいきと描いており、思わず引き込まれて読んでしまいました。

野中郁次郎(のなか・いくじろう)[経営学者] 東京都生まれ。2002年に紫綬褒章受章。一橋大学名誉教授、早稲田大学特命教授、カリフォルニア大学バークレー校経営大学院ゼロックス知識学ファカルティーフェロー。

ジェニー ありがとうございます。

野中 3人が共同で起業され、最初のCEOをスティーブさんが勤め、ジェニーさんが社長夫人として補佐し、その後をエバさんが継いでCEOになられた。ジェニーさんは現在、世界の企業の中でも珍しい、CCO(Chief Culture Officer、最高文化責任者)というユニークな役職に就いている。それに至るプロセスも本書で綴られているわけですが、3人の関係は弁証法でいう正・反・合の止揚の関係になっていると思います。老子の有名な言葉を思い出しました。

 道は一を生じ、一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生ず。
 万物は陰を負い、陽を抱き、忠なる気は以て和を為す。

 一や二ではなく、三になったときに、すべての物事が生まれ、シナジーが生まれるのです。トレンドマイクロも3人の共同があってこそ、大きくなっていると言えるでしょう。

 熱力学の第二法則で言われているように、あらゆるクローズド(閉じた)システムはエントロピーが増大して結局、乱雑な状態に陥り、そこからは総合や創造が生じ得ないのです。一方、オープン(開いた)システムの場合、システムの外と情報や知識、知恵をやり取りできますので、エントロピーの増大に対応することができます。

 ただし、オープンであるために重要なのは人が常に変化し続けることです。思考が固まり、あるいはメンバーが固定してしまうと、オープンではなくなり、エントロピーが増大してしまうからです。

 その点、トレンドマイクロは違います。初代CEOのスティーブさんが社会起業家というもう一つの道に進むために、CEOをエバさんに譲った。そして、ジェニーさんも第一線から退いた。日本では地位に恋々とする経営者が多い中、実に珍しいことです。

 本書にエバさんがCEOになられた後、こういう記述があります。
「私(編注:ジェニー)とスティーブは計画的に身を退いていった。スティーブは会長(チェアマン)の役割を見事に演じ、会社内部の各種会議や戦略決定には参加せず、eメールにさえ返信しなくなった」。

 スティーブさんは、現在は実際に社会起業家として第二の人生を送られていますが、それはトレンドマイクロとのつながりを断つということにはならないはずです。なぜなら、われわれは社会というエコシステムの中で生きているからです。トレンドマイクロは、スティーブさんの転進によって新たな世界との接点をもつことができる。

 エバさんの決断によって、さまざまな文化との出会いが増える。スティーブさんもジェニーさんも、オープンシステムとしてのトレンドマイクロの境界線を広げる役割を果たしているのだと思います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


野中郁次郎 [一橋大学名誉教授]

1935年東京生まれ。早稲田大学特命教授。58年早稲田大学政治経済学部卒業後、富士電機勤務を経て、カルフォルニア大学バークレー校経営大学院博士課程修了(Ph.D)。南山大学、防衛大学校、一橋大学、北陸先端科学技術大学院大学、一橋大学大学院国際企業戦略研究科で教鞭を執る。紫綬褒章、瑞宝中綬章受章。知識創造理論の提唱者であり、ナレッジ・マネジメントの世界的権威として、米経済紙による「最も影響力のあるビジネス思想家トップ20」でアジアから唯一選出された。さらに2013年11月には最も影響力のある経営思想家50人を選ぶThinkers50のLifetime Achievement Award(生涯業績賞、功労賞)を受賞。近年は企業経営にとどまらず、地域コミュニティから国家までさまざまな組織レベルでのリーダーシップや経営のあり方にも研究の場を広げている。主な著作に、『失敗の本質』(ダイヤモンド社)、『アメリカ海兵隊』(中央公論新社)、『知識創造企業』(東洋経済新報社)など。

Facebook「史上最大の決断」


世界で闘う仲間のつくり方

台湾生まれの3人が、アメリカで創業、日本に本社を置いて、世界中でビジネスを展開するイノベーティブな企業として知られるトレンドマイクロ。同社の一風変わった企業文化とマネジメントの秘訣を創業者が明かした『世界で闘う仲間のつくり方』から得られる教訓を、著者のジェニー・チャンと、トレンドマイクロの共同創業者であるスティーブ・チャン、エバ・チェン、ならびに、推薦者の野中郁次郎一橋大学名誉教授が語った。

「世界で闘う仲間のつくり方」

⇒バックナンバー一覧