ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

クルマとITの勝負は「自動運転」にあらず

本格的に始まった「データビジネス」の攻防
――CES2015現地詳細報告

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第194回】 2015年1月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
VW「ゴルフ R Touch」の世界発表直後。世界各国のメディアの注目が集まった Photo by Kenji Momota

 例年通り、“取材始め”はこちらCES(コンシューマ・エレクトロニクス・ショー/2015年1月6~9日、於:米ネバダ州ラスベガス)となった。

 報道陣向けの事前公開日を含めた5日間、筆者はラスベガスでクルマとITとの融合、つまり次世代テレマティクスの最新情報を探った。

 期間中、日米の自動車及びIT業界関係者らと会食中に意見交換するなかで、今回のトレンドについて、筆者は次の3点を強調した。

(1)nVIDIAとアウディ、過去5年間に及ぶ
マーケティング戦略が、ついに花開いた。

車載向けの基盤のプラットフォーム「CX」を世界初公開するnVIDIAのJen Hsun Huang CEO Photo by Kenji Momota

 従来、自動車産業界において半導体メーカーはティア2(第二次部品メーカー)の存在。車載器やECUを扱うティア1(第一次部品メーカー)との開発が主体で、自動車メーカーと直接的なつながりが弱かった。それが、グラフィックス向けを主力として特化型GPUを製造するnVIDIAと高級ブランドであるアウディが、中長期的な視野に基づいて、CESを活用したマーケティング戦略を進めてきた。

アウディの屋外展示。独ホッケンハイムサーキットで最高時速240㎞で自動走行した実験車などを披露 Photo by Kenji Momota

 2社のつながりは、スタンフォード大学の内部機関で進めている自動運転研究等をキッカケとして、過去10年以上に渡って続いてきた。筆者は同大学にも数度取材しており、その詳細について認識している。陰の存在である半導体が広報活動の一環としてここまで表に出てくることで、アウディの次世代テレマティクス全般における“先進的イメージ”が上手に構築されてきた、と言える。

nVIDIAのカメラを使ったディープラーニングの実証試験映像 Photo by Kenji Momota

 またnVIDIAの個別会見では、自動運転の基礎的な技術開発領域であるADAS(アドバンスド・ドライバー・アシスト・システム)で、カメラ映像のディープラーニングだけによる走行状況の解析を行なっていることを強調した。こうした近未来型の自動運転関連技術について、インテル、クアルコム、ルネサス等、半導体の同業他社からは一般に向けた広報活動は行われていない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧