ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

エコカー戦争で最後に笑うのは日産?
“量産型”電気自動車の意外な正体

――トヨタ、ホンダ、三菱自工を追い抜くウルトラCとなるか?

桃田健史 [ジャーナリスト]
2009年6月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2009年8月2日、日産自動車は量産型EVを世界初公開する。その正体とは、これまでのEVのイメージを覆す「5ドアファミリーカー」だ。08年度当期純損失は2337億円、2009年度当期純損失予想が1700億円という厳しい状況の中、カルロス・ゴーン社長は、2010年からの量産型EV生産体制を正式発表。なぜ日産は、ここまでEV開発に積極的なのだろうか。日産におけるEV事業の重要性を探った。(ジャーナリスト 桃田健史)

2009年5月15日(金)、ノルウェーで開催されたEVS24(第24回・EVと燃料電池の世界シンポジューム)。その中でNissan in Europeの商品企画担当・上級副社長のPierre Loing氏が「Nissan puts ZERO emission leadership at the center of its global product strategy」という講演を行なった

 「やはり、5ドア車だった!」日産「量産型EV」突然の発表に、驚きを隠せなかった。

 2009年5月15日(金)、EVS24(第24回・EVと燃料電池の世界シンポジューム)が北欧ノルウェー・Stavanger市で開催された。その3日目に、Nissan in Europeの商品企画担当・上級副社長のPierre Loing氏が「Nissan puts ZERO emission leadership at the center of its global product strategy」という15分間の講演を行った。

日産の量産型EV「5ドアファミリーカー」。Nissan in Europe上級副社長Loing氏が、EVS24にて突然発表した

 その中の、プレゼン画面15ページ目。5ドア車のイラストが突然映し出された。

プロジェクタースクリーンを見ながら、Loing氏が言った。

 「これが、日産のEVプロダクションモデル(量産車)だ。EVというと一般的に、シティコミューター(市街地での低速走行車)と思われがちだ。しかし、日産はそうした既存のEVに対するイメージを覆す。その回答がこの『ファミリーカー』だ」。

 さらに、こう付け足した。

 「2010年から日米で、ヨーロッパでは2011年に発売を開始する。また今年8月2日、日本の横浜の日産新社屋で、この車両を一般に公開する」。

 EVS24開催事務局から事前配布されていたCD内には、このイラストは入っていなかった。

 そのため、心の準備が出来ていなかった筆者はかなり驚いた。

 その後、日産の本社広報部商品広報担当部署(東京・銀座)に問い合わせたところ、以下の回答があった。「8月2日に、横浜の新社屋移転に伴うギャラリーオープンイベントがある。だが、そこでEVを公開するかどうか、現在のところ未確定。また、決算発表でゴーン会長は、(EVについては)8月上旬にEVを公開すると発言している」。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧