HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

心疾患予防は減塩より減糖
1日量は25グラム以下に?

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第231回】

 心疾患のリスクといえば、高血圧。高血圧のリスクといえば、塩分。

 2015年版の日本人の食事摂取基準では、18歳以上の男性の食塩摂取目標量は1日につき8グラム未満、女性は7グラム未満とされている。改定前の10年版では、男性9グラム未満、女性7.5グラム未満だったから、より低く変更されたわけだ。

 ところが近年、塩よりも「糖」の方が心臓に悪いのでは? という研究報告が相次いでいる。

 昨年末にBMJ発行のオンライン誌に掲載された糖分と心疾患に関連する調査研究をレビューした記事によると、1日の摂取カロリーの25%以上を糖分で取ると、10%未満の人より心疾患発症リスクが3倍になるという。特にお菓子やジュースなど、「追加の糖分」が1日の摂取カロリーの10%未満と10~24%では後者の心疾患死リスクが30%上昇する。

 清涼飲料水の甘味成分として使われている「果糖」が元凶のようで、果糖の摂取量が1日74グラム以上では、高血圧(140/90mmHg)と診断されるリスクが30%上昇し、もともと高めの人では、160/100mmHg以上になるリスクが77%も上昇する。

 血圧160/100mmHgが恒常的に続き、1カ月間の食事・運動療法で140/90mmHgに改善しない場合、降圧剤のお世話になるのは必至。これに喫煙歴や脂質代謝異常(高コレステロールや高中性脂肪)、肥満、メタボのいずれかが1、2個重なれば、問答無用で心疾患のハイリスク群の仲間入りである。

 塩分の過剰摂取リスクは、一般常識になりつつあるが、糖分、果糖についてはどうだろう。

 WHO(世界保健機関)は、昨年春に1日の糖分摂取量は総カロリー数の5%未満に抑えるよう、呼びかけている。成人男性だと1日量は25グラム未満。一般的な缶コーヒーの糖分含有量は100ミリリットル当たり、7.5グラム。190ミリリットルの缶コーヒーなら1本で約15グラムは摂取する計算だ。まして、炭酸飲料類なら……。

 米国では「白い結晶の悪魔」は塩か砂糖か、ということで論争中。今のところ砂糖の旗色が悪い。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

関連記事
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧