ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
プロが教える実家の片づけ
【第5回】 2015年1月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
渡部亜矢 [わたなべ・あや]

買ってはいけない!実家の片づけを
失敗させる「三種の神器」とは?

1
nextpage

組み立てられないままの
組立式収納ボックスの行く末は?

 さあ、実家の片づけをはじめよう!
 そう思ったときについ、物に走ってしまうタイプの人がいます。片づけに限らず、何かをはじめるときに形から入ってしまう人に多いようです。

 ごみ袋(不要なものを入れる)、ゴム手袋や軍手(庭掃除等)などのものなら大いに結構なのですが、実家の片づけをはじめるときに絶対買ってはいけないものがあります。邪魔になるのはもちろん、この「三種の神器」があるだけで、片づけが失敗に終わる要因になるという、とっても迷惑なものです。

 ひとつずつ詳しくご紹介していきましょう。

 まず最初に買ってはいけないもの、それは「組立式収納ボックス」です。
 実はこれ、ご自身も「片づけられない」タイプの人に多く、そういう人に限って、片づけ関連の本を何冊も持っていたりします(実は私も以前はそうでした)。
 もともと片づけが苦手な人は、買えば収納が解決すると思って買ってしまうのですが、そもそもそういうタイプの人にとっては組み立てること自体が難しく、買いっぱなしになってしまうのがオチ。届いてから軽く5年、10年は経っているだろう組立式収納ボックスが、ほこりをかぶったまま、箱からも出されず(ひどいときは、開封した形跡すらない)そのままになっている光景を、私は何度片づけの現場で見たかわかりません。

 大きな本棚から洗濯機の横に置く簡単なラック、果ては、すき間収納に使おうと思ったのか突っ張り棒の類まで、本当にあらゆるものが「買ったまま」置かれています。

 どうしても収納場所が必要なら、今まで使っていた家具を工夫して使う、片づけがすべて終了して、物が減ったときに適切なサイズのものを購入するようにしてください。
 片づけ前の状態で収納ボックスを買ってしまうと、間違いなくスペースが余ってしまいます。すると、そこを埋めようとまた物が増えてしまう……これでは本末転倒ですよね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


渡部亜矢 [わたなべ・あや]

「実家片づけ整理協会 代表理事」

1965年神奈川県生まれ。銀行、出版社等に勤務後、2012年一般社団法人日本エグゼクティブプロモーター協会を共同で設立、片づけ上手塾 エグゼカレッジ表参道校を開校し代表理事に就任。
2016年より(一社)実家片づけ整理協会で実家の片づけに特化したアドバイザー育成講座を開講中。

実家片づけ整理協会 http://jikka-katazuke.jp/

 

 


プロが教える実家の片づけ

相続、老々介護……高齢化社会をむかえ、さまざまな社会問題が浮き彫りになっている現代の日本において、今一番注目を浴びているのが「実家の片づけ」問題だ。物が豊かさの象徴だった親世代と、シンプルこそが素敵な暮らしだと思っている子ども世代。そんな世代間のギャップを抱えたままはじめた実家の片づけは、間違いなくケンカになって親子断絶、リバウンドを繰り返した結果、ゴミ屋敷化する……。本連載では、そんな最悪の事態に陥らないために、実家片づけのプロが教える、最短・最速・最効率的かつ、リバウンドゼロの、「実家の片づけ」の極意をご紹介していきます。

「プロが教える実家の片づけ」

⇒バックナンバー一覧