ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
がん 心臓病 脳卒中に備えるbyダイヤモンドQ

運動で再入院を予防する
心臓リハビリの効果

ダイヤモンドQ編集部
【第11回】 2015年2月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

運動を続けることで、心臓に負担がかかりにくい体となる。手術後の心臓リハビリテーションは、入院で低下した体力の回復だけでなく、運動習慣を身に付け、再発による再入院を予防する。心臓リハビリテーションの実例と効果をダイヤモンドQ編集部が紹介する。

 狭心症や心筋梗塞の治療後は「心臓リハビリテーション(以下、心臓リハビリ)」を受ける。

本文で紹介した菅原さん。「エアロバイクをこぐことで、初日から体の変化を感じています。病院食がおいしく食べられるようになり、体調が良くなりました」

 心臓リハビリとは、入院した患者がベッドから起きて、病院内を歩けるようになったら、運動療法(有酸素トレーニングや筋力トレーニング)や食事療法、生活指導を受けること。リハビリテーション担当医が患者ごとに必要なプログラムを組み、看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・管理栄養士などが指導する。

 目的は、狭心症や心筋梗塞の原因となる動脈硬化の進行を抑え、再発による再入院を予防すること。生活習慣を改善し、健康的なライフスタイルを確立するきっかけをつくる。

 特に、有酸素運動は心肺機能(心臓や肺の働き)を高めることが知られている。埼玉医科大学国際医療センター心臓リハビリテーション科の牧田茂病院長補佐は「有酸素運動をすることで、より多くの酸素が取り込まれ、筋肉に効率よく血液を送り出せるようになります」と説明する。

 日本循環器学会の報告によれば、有酸素運動を行うと、最高酸素摂取量は15~25%増加する。このように、心拍数が少なくても血液の流れが良いときには、血圧を正常値範囲内に保つことができる。

1
nextpage

「がん・心臓病・脳卒中」についてもっと知りたいなら、
実用ライフスタイル誌ダイヤモンドQをどうぞ!

あなたのQuestionにズバッと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。
相続、老人ホーム選びから、資産運用まで、
人生の重大な決断を骨太の記事やランキングで手助けします。

創刊準備3号 好評発売中(税込780円)

ダイヤモンドQ創刊準備3号

第1特集「がん・心臓病・脳卒中 備え方・付き合い方」」
三大疾病に強い病院をランキング。都内の頼れる診療所とは

第2特集「2〜3割下がる!マンション管理費の見直し」
見直し時に役立つ、マンション管理会社大手94社ランキング

第3特集「青春時代第2章!シニア婚活 本日も盛況なり」
加藤茶は特別です!シニア婚活の心構えを伝授

特別対談 糸井重里&南場智子
「私たちが“健康”に目覚めた理由」
ダメな生活をやめて、健康な生活を送るようになった二人の対談

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ダイヤモンドQ編集部

あなたのQuestionにズバっと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。保育園選び、学校選び、病院選び、老人ホーム選びなど、人は人生の節目で重要な決断をしなければなりません。ダイヤモンドQは、ランキングやエッジの聞いた骨太の記事であなたの「知りたい」に答えていきます。詳しくはホームページ[http://www.diamond.jp/gr/q]をご覧ください。


がん 心臓病 脳卒中に備えるbyダイヤモンドQ

3大疾病の最新治療法、備え方、付き合い方について、ダイヤやモンドQ(創刊準備3号)が徹底調査。それぞれの疾病に強い病院をランキングした。がん500施設、心臓病300施設、脳卒中300施設という多くの施設を掲載している。

「がん 心臓病 脳卒中に備えるbyダイヤモンドQ」

⇒バックナンバー一覧