ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
柏木理佳 とてつもない中国

北京五輪を目前に控え、慌てて環境対策に取り組む中国の本気度

柏木理佳 [生活経済ジャーナリスト]
【第13回】 2008年7月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「北京五輪で中国は世界に注目されたけど、悲惨な年になった」
 「北京五輪でルールを知らない中国人観戦客が反日攻撃?」
 「マナーの悪さで中国人はまた批判を受けるのでは?」
 「大会中に食中毒があったら、中国食品問題が再び沸騰する」

など、五輪開始を前に、中国に対してさまざまな憶測が飛んでいる。

 私は今年前半、模倣品を製造している中国企業が米国など世界から訴訟される事例が続出し、その影響により企業業績が悪化することを予測していた。ところが問題は違うことで火がついた。毒入り餃子をはじめとした食品問題や、チベット問題などの人権問題にまで及び、中国は世界中から批判された。

 また、四川大地震を契機に貧富の格差がさらに広がりを見せており、政府への不満はいつ爆発して、天安門事件のようになってもおかしくない。

IOCは中国政府の対応を
高く評価しているが

 そんな中、中国は必死で環境への取り組みをアピールしている。

・北京五輪会場の周辺にある街灯の8割に太陽光発電を利用
・選手村でも太陽光で沸かしたお湯を使用
・5月からスポーツ施設や文化財保護施設での禁煙を実施
・タバコの広告や、タバコメーカーとのスポンサー契約を禁止

といった具合である。

 また、国家環境保護総局の呉暁青次官によると、環境対策には「汚染物質の排出削減や汚染源の調査、水質汚染の対応などが含まれる」という。

 それを受けてなのか、IOC(国際オリンピック委員会)医事委員長のアルネ・リュンクビスト教授は「北京の大気の質はかなり改善された。北京五輪参加選手にとっても健康問題にはならないだろう。一部の世界のメディアはこれを無視して無責任な報道をしている」とさえ発表した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

柏木理佳 [生活経済ジャーナリスト]

豪州の大学へ進学後、香港にて勤務。1994年、中国の北京首都師範大学漢語科に留学後、シンガポールで会社設立等に携わる。豪州ボンド大学院MBA取得。中国経済の研究員としてシンクタンク勤務後、嘉悦大学准教授。国土交通省道路協会有識者会議メンバーも務める。現在、嘉悦大学付属産業文化観光総合研究所客員主任研究員、北東アジア総合研究所客員研究員、NPO法人キャリアカウンセラー協会理事。2015年、桜美林大学院にて博士号取得。柏木理佳ホームページ


柏木理佳 とてつもない中国

驚異的な成長の中で、社会や経済の歪みを孕む膨張大国・中国。中国経済の専門家が、日本人には驚きの中国の知られざる現状をレポートする。

「柏木理佳 とてつもない中国」

⇒バックナンバー一覧