ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

「エコカーは電気自動車だけじゃない!」
福岡発“燃料電池革命”の凄み
~麻生渡 知事が明かす水素新戦略

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第4回】 2009年7月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
福岡県前原(まえばる)市郊外にある南風台・美咲が丘団地。「世界最大の水素タウン」として、150世帯(同団地全体は約1900世帯)による「定置型・固体高分子形燃料電池(PEFC)の社会実証」が行われている。

 人口6万8099人の福岡県前原(まえばる)市。その郊外にある南風台・美咲が丘団地。九州大学「伊都キャンバス」まで車で10分程のこの地がいま、世界の注目を集めている。「世界最大の水素タウン」として、150世帯(同団地全体は約1900世帯)による「定置型・固体高分子形燃料電池(PEFC)の社会実証」が行われているのだ。

 なんとも仰々しいお題目だが、同地を訪れてみると、東京や大阪の郊外にあるようなごく普通の新興住宅地だ。そのなかの一軒、これまで何度もマスコミ取材を受けているという、伊藤洋介さん宅にお邪魔した。伊藤さんは2世帯5人暮らし、12年前に島根県浜田市から転居した。

 「最近は、(燃料電池のことなど)全然気にしないな。元々環境には興味はあった。導入当初は家族も面白がって、モニター画面で、電気の量が上がったの下がったと騒いでおったけどな。だが、孫はいまでも、テレビを見終わったらコンセントを抜くとか、エコな意識は続いているようだ」。

伊藤洋介さん(写真)宅の玄関脇にある「ENE・FARM」燃料電池本体の上には、サボテンの鉢植えが置かれていた。「自然体で使っておるから」と、伊藤さんは笑う。

 現地の実情について、「福岡水素タウン前原事務所」の属(さっか)健氏、北村典子氏に詳しく説明して頂いた。彼らは同地でプロパンガス販売を行っている西部(さいぶ)ガスエネルギーの営業部・燃料電池・ソーラープロジェクトグループに勤務している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧