ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
China Report 中国は今

AIIBが担う新シルクロード構想の裏側に透ける中国の焦り

姫田小夏 [ジャーナリスト]
【第176回】 2015年4月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 中国政府は3月28日、中長期戦略である新シルクロード構想「一帯一路」の詳細を公表した。これにより、対象エリアやプロジェクトの基本構想(「推動共建絲綢之路経済帯和21世紀海上絲綢之路的原案与行動」)が明らかになった。

 政治、経済、安全保障と中国の思惑を満載した新シルクロード構想は、アジア、欧州、アフリカ大陸とその海洋を舞台に、東アジア経済圏、欧州経済圏、この2つの経済圏の間に存在する内陸経済圏と、3つの経済圏により構成される。

 その中でも陸のシルクロードとして重視されるのが、①中国-中央アジア-ロシア-バルト海を囲む欧州、②中国-中央アジア-ペルシャ湾を囲む西アジア、③中国-東南アジア-南アジア-インド洋のルートであり、海のシルクロードとして重視されるのが、④中国-南シナ海-インド洋/太平洋-欧州のルートだという。

 また、中国国内のいくつかの都市を重要な窓口として指定した。中央アジアやパキスタンを経て南アジア、西アジアに抜ける要所となる新疆ウイグル自治区を、商業や貿易の中心を担う新シルクロード構想の核心に据えた。また、福建省を海のシルクロードの核心に据え、自由貿易区を建設する。

 プロジェクトの重点は、港湾、エネルギー、通信、交通などのインフラ建設や、国際輸送の強化などのほか、貿易障壁の解消、原子力発電の開発、農水産業へのテコ入れなどを盛り込んだ。そして、アジアインフラ投資銀行(AIIB)が融資を担う――。

「世界の工場」が終息した今、
雇用を守るため止むに止まれず

 さて、中国がイニシアチブを握る新シルクロード構想は、中国の国際社会への影響力増大ばかりが注目されるが、ひとたび国内に目を向けると「崖っぷちの中国」があぶりだされてくる。そこには、やむにやまれず新シルクロード構想を打ち出したという切迫した事情がある。

 「つい先日、広東省に出張に行ったのですが…」と話すのは都内のシンクタンクに在籍する中国人女性だ。仮の名前を陳さんと呼ぶことにしよう。この陳さんが明かす現地の状況は、つい数年前の「活況呈する中国経済」とはほど遠いものだった。

 広東省では今、閉鎖する工場が少なくない。経済発展に伴う人件費や物価の上昇に加え、近年の地価高騰や通貨切り上げで、中国沿海部では生産の維持が困難になった。中国はまさしく「世界の工場」に終止符を打とうとしており、繊維工場や電子部品工場が相次いで倒産している。経営者が夜逃げするなどのニュースも決して珍しいものではなくなった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

姫田小夏 [ジャーナリスト]

ひめだ・こなつ/中国情勢ジャーナリスト。東京都出身。97年から上海へ。翌年上海で日本語情報誌を創刊、日本企業の対中ビジネス動向を発信。2008年夏、同誌編集長を退任後、「ローアングルの中国・アジアビジネス最新情報」を提供する「アジアビズフォーラム」主宰に。語学留学を経て、上海財経大学公共経済管理学院に入学、土地資源管理を専攻。2014年卒業、公共管理修士。「上海の都市、ビジネス、ひと」の変遷を追い続け、日中を往復しつつ執筆、講演活動を行う。著書に『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)、共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ企業と経営者の素顔』(カナリアコミュニケーションズ)。

 


China Report 中国は今

90年代より20年弱、中国最新事情と日中ビネス最前線について上海を中心に定点観測。日本企業の対中ビジネスに有益なインサイト情報を、提供し続けてきたジャーナリストによるコラム。「チャイナ・プラス・ワン」ではバングラデシュの動向をウォッチしている。

「China Report 中国は今」

⇒バックナンバー一覧