ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第66回】 2015年4月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

企業調査や就職活動の必需品!
600を超える図版で情報メディア産業を徹底解説
『情報メディア白書2015』

1
nextpage

電子書籍や音楽配信などの「新しいメディア」がオールドメディアを駆逐している……。メディアを取り巻く環境を見るとそのような印象を受けがちですが、実情は少し異なるようです。今回ご紹介するのは、メディア産業を徹底的に分析した業界人必携の書『情報メディア白書2015』です。

情報メディア産業の動向を
完全に網羅

電通総研編『情報メディア白書2015』2015年2月刊。大きいA4版にグラフ類がぎっしり掲載されています。

 本書は電通総研が1994年から市販している年鑑で、ダイヤモンド社が2005年版から発行元となっています。この白書制作の意図は、「多様化する情報メディアに関して、産業と利用動向を中心にわかりやすく一覧にする」というもので、変化する産業構造に応じて章立てや構成をときおり変えています。また、巻頭の30ページは「特集」に当てられ、情報メディア産業の最新の動向をおさえています。

 これだけまとまった情報メディア産業の統計と解説はほかになく、調査・研究、企業経営、就職活動にも非常に有益な本です。A4判で268ページと大判で読みやすく、図書館やオフィスに備えるべき1冊だといえます。

 情報メディア産業の動向は完全に網羅されています。2015年版の構成はこうなっています。まず特集。

特集1 動画視聴の未来形……インターネット動画の現状と将来についてまとまっています。ユーザーの分析から技術や通信の変遷まで詳細に取り上げられています。
特集2 新しいメディアの潮流……情報メディア多様化の現状と変遷について(後述)。

 特集に続いて本編は産業別に整理されています。電通総研による分類と並べ方に面白さがありますね。

1 新聞
2 出版
3 音楽
4 劇映画・ビデオソフト
5 アニメーション
6 ゲーム
7 ラジオ・テレビ
8 衛星放送
9 通信
10 コンテンツ・サービス
11 広告
12 通信販売
13 イベント

 それぞれの項目に、市場、経営、統計の計数が置かれ、1年間の変化、経年の市場変動、将来予測が分析されています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧