ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ぼくは「技術」で人を動かす――リーダーの「つまずきと勘違い」に効くレシピ
【第8回】 2015年4月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
髙島宏平

「年上部下」をチームの「参謀」に変えるワザ

「チーム内のベテランメンバーに気を遣って仕事をお願いしにくい」
多くのリーダーにとって、悩みのタネになりやすい「年上部下」の存在。特に経験の浅いチームリーダーにとって、自分より業務に詳しい年上部下を動かすのは至難の業です。ところが、『ぼくは「技術」で人を動かす』によると、ちょっとした工夫、スキルを使うだけで、彼らを名参謀に変えることができるといいます。いったいどんなワザなのでしょうか?

チームの中でもベテランのメンバーは、仕事や課題を振るのが難しい相手です。

チーム内で「年上部下」で悩んでいるリーダーに朗報です。(C)ArtFamily - Fotolia.com

 簡単な仕事を振れば「バカにしている」と思われそうだし、重要な仕事をお願いしすぎてベテランのメンバーがはりきって仕切りだすと、誰がリーダーかわからなくなる可能性もあります。

 また慣れていないと、単に“年上の部下”というだけで変に意識してしまうケースも少なくありません。

 ベテランのメンバーには、全体的に助けてくださいというトーンではなく、できるだけ具体的なアクションを伴う仕事をお願いし、チームの仕事を「わがこと」にしてもらうのが有効です。また、アクションをお願いすることには、ベテランメンバーが「チーム内評論家」になってしまうことを防ぐ狙いもあります。

 社外のプロジェクトなどで私がよくやるのは、誰かとつないでもらうこと

 「○○社のAさんにアドバイスをいただきたいのです。すみませんが、ご紹介いただけないでしょうか?」

 社内でも、「あっちのチームにちょっとサポートしてもらいたいから、部長に話を通したい」というニーズがあるでしょう。そんなときはベテランのメンバーに他部署とのつながりをつくってもらうよう、頼むことです。

 「このデータがほしいんです。マーケティングの部長に、ひと声かけていただけないでしょうか?」

 マーケティング部の部長に声をかける以上、ベテランメンバーは自分の口でプロジェクトについて説明しなければなりません。説明するからには踏み込んだレベルで理解しなければならず、理解するとその人なりの意見やアドバイスをくれたりします。マーケティング部の部長と話した際に出てくるアイデアをシェアしてくれることもあるでしょう。

人は自分の口で説明するとなると、その仕事の“味方”になります。

 たとえば、他部署の人に自分の部署のプロジェクトを説明するとき、「この企画はよくないと思ってるんだよね。でも、悪いけど協力してください」とはなかなか言えないでしょう。「こういう目的のなかなかいい企画だから、ぜひ協力をお願いします」と言うのが普通です。

 また、一生懸命説明したにもかかわらず、「いまいちよくわからないプロジェクトだな」などとネガティブに言われると、人はちゃんと説明して、なんとかわかってもらおうと努力します。逆に「すごくいいプロジェクトじゃないですか。ぜひ成功させましょう!」とポジティブに言われると、自分がほめられた気がして嬉しくなります。説明することには、このような効果があるのです。

場数を踏んだベテランメンバーは、社内外にネットワークもあるし、説明のスキルも長けているもの。遠慮なくお願いしてしまいましょう。

 「○○部長とつないでください」
「この事務局とのアポイントをお願いできますか」

 私の場合、きわめてシンプルな言葉で、やってほしいアクションだけをお願いするようにしています。

{新リーダー}のためのレシピ
ベテランメンバーは上手な「頼み方」で味方にする

スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/13~8/19)




    ぼくは「技術」で人を動かす――リーダーの「つまずきと勘違い」に効くレシピ

    間もなく創業15年、世界で初めて「生鮮食品のネット通販ビジネス」を実現し、2013年には東証マザーズへの上場も果たしたベンチャー「オイシックス株式会社」。このオイシックスを率いる髙島宏平氏を、創業当時最も苦しめたのは、「人」の問題でした。

    「こんな寄せ集めのチームで勝てるわけがない!」
    「一体感がなく、個人プレーに走るメンバーが多い」
    「チームに負け癖がついていて、どこから手をつけていいかわからない……」

    経験もカリスマもない26歳の髙島氏が、悩んだすえに見つけたのは、他のリーダーの「スキル」や「技術」を真似すること。「人間性」は真似できないけど、言葉のかけ方や行動習慣といった「スキル」なら真似できる――。
    こうした気づきから15年弱、髙島氏がコツコツと集め、この度『ぼくは「技術」で人を動かす』にまとめた「レシピ」の数々から、多くのチームリーダーの悩み、つまずき、勘違いを治療し、さらに勝てるチームづくりに役立つ「レシピ」を紹介します。

    「ぼくは「技術」で人を動かす――リーダーの「つまずきと勘違い」に効くレシピ」

    ⇒バックナンバー一覧