ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
年上の部下とうまくつきあう職場のルール
【第2回】 2011年7月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
前川孝雄 [(株)FeelWorks代表取締役/青山学院大学兼任講師]

年下の上司を「○○君!」と呼ぶ60代の部下、
当人同士は納得していても周囲の反応は……。

1
nextpage

自分をどう呼んでもらうか、「呼び方」の問題にはじまり、指示命令の出し方やミスをどう指摘するかなど、年上部下とのコミュニケーションには多くの戸惑いがある。どんな言い方、接し方をすれば、年上部下のプライドを傷つけず、仕事をうまく回せるのか……。連載第2回は、年上部下との関係を良くするコミュニケーションのルールを紹介する。
(年上部下との関係に悩む上司の実状を探った第1回はこちら

ルール1
呼称は「さん」で統一する

 とあるメーカーの人事課長から相談を受けました。

 定年後、嘱託に転じ、40代の元部下のもとでこれまでと同じ部署で仕事をしている60代の年上部下から、こんな話を聞かされたといいます。

 「その60代の嘱託社員は、かつて自分の部下だった年下上司を、これまでと同じように『○○君』と呼んでいたそうなんです。そうしたら、他部署の課長から、『自分の元部下とはいえ、嘱託社員が上司に「君」付けはおかしい。改めるべきでは?』と指摘されたといいます。そこで私が『君』付けで呼ばれていた年下上司に話を聞いたところ、特に不快には感じていないとのこと。当人同士は問題に思っていないようなのですが……」

「呼び方」の問題は、年上部下ができたとき、最初にぶつかる壁でしょう。特に相手が元上司のような場合には、ここでつまずいてしまうと、後々しこりを残すことになりかねません。

 なかには、お互いにどんな呼び方であっても「気にならない」「呼び方など好きにしてくれればいい」という人もいるでしょう。しかし、職場の面々がそのやりとりを見ていて、落ち着かない気持ちになってしまうこともあります。
本人たちの間では、信頼関係ができていたとしても、周囲の感じ方はさまざまです。特に現在は昔と違って雇用形態も多様化していて、派遣社員やパートなど、〝ふたりの事情〟を知らない人が職場の仲間に加わるケースも珍しくありません。先のような職場に、いきなりあなたが放り込まれたとしたら、やはり大いに戸惑いを感じるのではないでしょうか。

 また、最近では職務給導入など実力主義に基づき、数ヶ月、数年単位で上司と部下の入れ替わりのあり得る職場も増えています。そのたびに「君」や「役職名」を変えて呼び合うのは、慣れるにも時間がかかりますし、気まずさが残りやすいのではないでしょうか。

 そこで、年下の人間が上司となる可能性のある職場では、常に「年齢や役職に関わらず、『さん』付けで呼ぶ」というルールを決めておくことをお勧めします。会社と会社といった対外的なやりとりが難しくなるのであれば、ちょっと複雑になりますが、社内のみでの運用ルールでもよいかもしれません。

 そうすることで、年上部下も「年下相手に役職名で呼ばずにすむ」でしょうし、あなた自身も「年上部下から『君』付けで呼ばれて威厳を損なう」おそれを感じたり、「役職名で呼ばれてバツの悪い思いをする」こともなくなるはずです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


前川孝雄 [(株)FeelWorks代表取締役/青山学院大学兼任講師]

株式会社FeelWorks代表取締役、青山学院大学兼任講師。
1966年兵庫県明石市生まれ。大阪府立大学経済学部、早稲田大学ビジネススクール・マーケティング専攻卒業。株式会社リクルートで「リクナビ」「ケイコとマナブ」等の編集長を歴任後、多様な働く人の価値観に精通した知見を活かし、2008年に株式会社FeelWorks設立。コミュニケーション循環を良くすることで温かい絆を育み組織の体質を変えていく「コミュニケーション・サイクル理論」(CC理論)を構築。「絆」と「希望」作りによる人材育成というユニークなコンセプトで話題を集め、『上司力研修』『キャリアコンパス』『Feelリーダーシップ』など独自プログラム、人間味溢れる講師育成にも力を注ぎ、多くの企業で好評を博している。
その親しみやすい人柄にファンも多く、人を育て組織を活かす「上司力」提唱の第一人者として自ら年間100本超のセミナーもこなす傍ら、テレビコメンテーター、コラム連載などでも活躍中。現場視点のダイバーシティマネジメント、リーダーシップ開発、キャリア論に定評がある。
主な著書に『若手社員が化ける会議のしかけ』(青春出版社)、『女性社員のトリセツ』『上司力トレーニング』 (共にダイヤモンド社)、『勉強会に1万円払うなら、上司と3回飲みなさい』(光文社)、『はじめての上司道』(アニモ出版)、『頭痛のタネは新入社員』(新潮社)、『組織「再起動」プログラム』(ビジネス社)など多数。2011年度から青山学院大学で「キャリアデザイン特別講座」の教鞭もとる。

ブログ 「前川孝雄の“はたらく論”」 http://ameblo.jp/feelworks-maekawa/
ツイッターアカウント @feelworks

 


年上の部下とうまくつきあう職場のルール

年上の部下の扱いに悩む管理職が急増中! お世話になった先輩や、出世ラインから外れたベテラン社員が自分の部下になる……。そんな状況が当たり前になってきている今、多くの管理職が「やりづらい」「どう接したらいいのか」という悩みの声を上げている。
そんな管理職たちが抱える悩みを解消するための秘策はあるのか。年上の部下とうまくつきあっていくための職場のルールとは一体どんなものなのか。年間100本超の企業研修、セミナーをこなす大人気の人材育成コンサルティング会社代表が解説する。
 

「年上の部下とうまくつきあう職場のルール」

⇒バックナンバー一覧