ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
年上の部下とうまくつきあう職場のルール
【第4回】 2011年7月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
前川孝雄 [(株)FeelWorks代表取締役/青山学院大学兼任講師]

無視、反抗……。年上部下の困った行動を止めたい!
相手のプライドを傷つけず、上手に叱る方法とは。

1
nextpage

年上部下の目に余る行動に、「一度、ガツンと言わなければ……」と思いながらも遠慮や面倒をさける気持ちから、つい尻込みしてしまう年下上司は少なくないはず。実際に、思い切って注意しても聞き流されたり、反抗的な態度を取られたりすることも。多くの年下上司が頭を抱える、年上部下の上手な叱り方とは?

ルール1
「困っている」「~していただけると助かります」と表現する

 「年上部下が自分を差し置いて、若手に勝手に指示を出してしまいます。そのせいで若手も混乱して、自分の思惑とは違うやり方で仕事を進めてしまうので、そのフォローのためにいつも残業しています。何度注意しても、『わかった、わかった』と聞き流すだけで、ついには若手に『アイツはダメだ』と私の悪口まで言っているようなんです。先日は、私もつい感情的に怒鳴ってしまって……。」

 こう打ち明けてくれたのは、IT企業で7人の部下を束ねる42歳の年下上司です。

 部下が年下であれ年上であれ、感情にまかせて叱りつけてならないのは一緒です。しかし、穏やかに丁寧な言葉で伝えようと思っても、次のような物言いでは意味がありません。

×「この見積書、もう一度見直していただけますか?」

 相手に遠慮して、どこをどう直すかがあいまいで、指示されたほうも困ります。

×「この見積書、どこがダメかわかりますよね?」

 これでは相手にイライラをぶつけているだけ。わざとミスしたわけではない場合がほとんどなので、相手は戸惑うだけでしょう。

×「ダメじゃないですか! 納期を守ってくれって言いましたよね?」

 相手を責めるYOUメッセージの言い方なので、年上部下には避けたほうがいいでしょう。

 夫婦ゲンカを思い出すとわかるのですが、人間は、少し引け目のある図星のことを言われたときほど激昂するものです。

 「月曜日は生ゴミの日でしょ? 出しておいてって言ったじゃない」と言われると、「いつも忘れてるわけじゃないだろ! お前だって1ヵ月前に1度、忘れたことがあったじゃないか!」と、昔のことをもち出すなどして泥沼の言い争いに発展してしまうものです。

 でもそこで、「あなたしかゴミを出してくれる人がいないので困るのよ」と言われれば、「自分が悪かった。次はちゃんと出すよ」と素直に思えるはずです。当たり前のことを指摘されれば、ムカっとくるのは当たり前。それを、いかに相手の気分を害さずに伝えていくかが大切なのです。

 年上部下との関係もこれとまったく一緒です。連載第1回でお話ししたIメッセージを使い、相手の過失を責めるのではなく、自分が「困っている」「~していただけると助かります」と伝えることで、相手も指摘を受け入れやすくなるのです。

○「納期を守ってもらえないと困るんです。A社の部長は特に納期にうるさいんですよ」

「資料は、この形式でまとめていただけると助かります」

○「会議には、必ず5分前に来ていただけると助かります」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


前川孝雄 [(株)FeelWorks代表取締役/青山学院大学兼任講師]

株式会社FeelWorks代表取締役、青山学院大学兼任講師。
1966年兵庫県明石市生まれ。大阪府立大学経済学部、早稲田大学ビジネススクール・マーケティング専攻卒業。株式会社リクルートで「リクナビ」「ケイコとマナブ」等の編集長を歴任後、多様な働く人の価値観に精通した知見を活かし、2008年に株式会社FeelWorks設立。コミュニケーション循環を良くすることで温かい絆を育み組織の体質を変えていく「コミュニケーション・サイクル理論」(CC理論)を構築。「絆」と「希望」作りによる人材育成というユニークなコンセプトで話題を集め、『上司力研修』『キャリアコンパス』『Feelリーダーシップ』など独自プログラム、人間味溢れる講師育成にも力を注ぎ、多くの企業で好評を博している。
その親しみやすい人柄にファンも多く、人を育て組織を活かす「上司力」提唱の第一人者として自ら年間100本超のセミナーもこなす傍ら、テレビコメンテーター、コラム連載などでも活躍中。現場視点のダイバーシティマネジメント、リーダーシップ開発、キャリア論に定評がある。
主な著書に『若手社員が化ける会議のしかけ』(青春出版社)、『女性社員のトリセツ』『上司力トレーニング』 (共にダイヤモンド社)、『勉強会に1万円払うなら、上司と3回飲みなさい』(光文社)、『はじめての上司道』(アニモ出版)、『頭痛のタネは新入社員』(新潮社)、『組織「再起動」プログラム』(ビジネス社)など多数。2011年度から青山学院大学で「キャリアデザイン特別講座」の教鞭もとる。

ブログ 「前川孝雄の“はたらく論”」 http://ameblo.jp/feelworks-maekawa/
ツイッターアカウント @feelworks

 


年上の部下とうまくつきあう職場のルール

年上の部下の扱いに悩む管理職が急増中! お世話になった先輩や、出世ラインから外れたベテラン社員が自分の部下になる……。そんな状況が当たり前になってきている今、多くの管理職が「やりづらい」「どう接したらいいのか」という悩みの声を上げている。
そんな管理職たちが抱える悩みを解消するための秘策はあるのか。年上の部下とうまくつきあっていくための職場のルールとは一体どんなものなのか。年間100本超の企業研修、セミナーをこなす大人気の人材育成コンサルティング会社代表が解説する。
 

「年上の部下とうまくつきあう職場のルール」

⇒バックナンバー一覧