ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸のクリエイティブ国富論

もはや菅副総理に期待するしかない?
米紙も酷評する鳩山政権の正念場

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第68回】 2009年12月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本ではまったく報道されませんでしたが、海外のメディアまで鳩山政権を見放し始めていることをご存知でしょうか。

 普天間基地問題に限定せず、様々な面で海外の日本を見る目は厳しくなっているのです。一方で、ここに来てやっと鳩山政権の希望も見えてきた気もします。絶望と希望のどちらがこれから大きくなるのか、早くも正念場を迎えているのではないでしょうか。

「日本の繁栄よりも政局を
重視している」とWSJが批判

 12月9日付けのウォールストリート・ジャーナル(WSJ)のアジア版に、鳩山政権の日本郵政に関する対応を批判する論説が掲載されたことをご存知でしょうか。

 12月4日に日本郵政グループの株式売却凍結法案が参院本会議で可決・成立したことを受け、「これで、民主党政権下の政府で本当の経済改革(real economic reform)が進む希望がなくなった」と断言しています。

 この論説では他にも、「鳩山総理は無駄な政府支出をなくすと主張しているが、彼の政府の関心がある分野には該当しないようだ」「日本郵政が税金を無駄に使わないようにする唯一の方法は、政治的な思惑から完全に遮断して民間に経営させることである。その選択肢を除外したことで、鳩山政権は日本の繁栄よりも政局を重視していることを明らかにした」と酷評しています。

 ここで注目していただきたいことは、亀井大臣とか国民新党といった言葉は一切出てこないことです。海外メディアでは、すべて鳩山政権の責任と認識されているのです。参議院での議席数のために、日本郵政への対応について総選挙で民意を得ていない国民新党の意向を尊重した結果、政権全体が海外から信認を失っているのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸のクリエイティブ国富論

メディアや文化などソフトパワーを総称する「クリエイティブ産業」なる新概念が注目を集めている。その正しい捉え方と実践法を経済政策の論客が説く。

「岸博幸のクリエイティブ国富論」

⇒バックナンバー一覧