ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
サムスンは既に10年前に進出! 発明大国イスラエルの頭脳を生かせ
【第14回】 2015年5月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
加藤スティーブ

イスラエルとの連携、「スピードが速い」
ベンチャーがカギを握る
日本展開を始めたイスラエルのベンチャーとスタートアップ最新動向

1
nextpage

4月25日、東京・品川の日本マイクロソフト株式会社を会場に、起業家のための日本最大級のカンファレンス、第11回サムライベンチャーサミットが開かれた。100社を超えるスタートアップ、インキュベーター、ベンチャーキャピタリスト、メディア、大物海外ゲストなど約2000人が集まる中、イスラエルを訪問した経営者たちのトークセッションを紹介するとともに、イスラエルのスタートアップをめぐる最新動向を報告する。

スピードの速さがカギ

 4月25日に行われた第11回サムライベンチャーサミットでは、「イスラエルに来訪した“未来”を見据えた 経営者たち」のセッションが行われた。昨年5月にイスラエルへ移住したサムライインキュベート榊原健太郎氏がモデレーターを務め、SHIFT社長の丹下大氏、LINE前社長でC Channel代表取締役の森川亮氏、マイクロソフト・ベンチャーズのイスラエルのプログラムにイスラエル企業以外で唯一参加したCapy共同創業者兼CTOの島田幸輝氏がイスラエルの実情を語るセッションが開催された。

左から榊原健太郎、森川亮、丹下大、島田幸輝の各氏。

 セッション中、榊原氏や丹下氏などを通じ、既に日本展開を始めたイスラエルのベンチャーがいくつかあるという話も出た。

 イスラエル企業の技術力の高さには定評がある。SHIFT丹下氏は2000年代に金型業界に大革命を起こした「インクス」という会社の出身で、CAD/CAMには詳しい。「CAMのナンバーワンはイスラエル」と断言していた。

 イスラエルは、スタートアップ企業だけでなく、グローバル企業のR&Dも250を越える。C Chanel の森川氏は、「国自体がR&Dみたいなもの」とイスラエルの特異性を表現していた。

 スピードが速いイスラエル。スピードが速い日本のベンチャー業界との親和性は高い。イスラエルでの日本企業のプレゼンスは、欧米、他のアジア諸国に比べ、3週遅れともいわれる中、ベンチャー企業経営者が両国連携の鍵を握るかもしれないと感じた。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



サムスンは既に10年前に進出! 発明大国イスラエルの頭脳を生かせ

日本にとって距離的にも心理的にも遠い国、イスラエル。だが、最先端技術を有するスタートアップ企業を輩出する「発明大国」であることは世界で認知されており、インテル、グーグルなど米ハイテク企業の多くがイスラエルに研究開発拠点を置く。韓国のサムスンも既に10年前に進出している。日本企業にも最近ようやく動きが出始めたイスラエル技術を取り込む方策を、イスラテック・加藤スティーブ氏が提言する。

「サムスンは既に10年前に進出! 発明大国イスラエルの頭脳を生かせ」

⇒バックナンバー一覧