ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
カラダの悩み全解消!byダイヤモンドQ

女性だけでなく、男性にもある更年期障害
男性ホルモン減少が引き起こす諸症状

ダイヤモンドQ編集部
【第2回】 2015年6月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

『ダイヤモンドQ』編集部で、前回紹介した更年期障害。更年期障害といえば、女性だけのものと思われがちだが、実は男性にもある。男性ホルモン(テストステロン)減少によって、うつ症状などさまざまな体調不良が起こり得るのだ。

 自分の心身を見詰め直してみよう。①朝立ちの回数が減ってきた。②筋力が弱くなったと感じる。③しばしば目が覚め、眠りが浅い。④やる気が低下、気分が沈む日が増えた。⑤すでに燃え尽きたという感覚がある──。

医学会では男性更年期障害の存在は、長年否定されてきた。「私が最初に発表して以来50年たってやっと認められてきたことを意義深く感じている」と熊本医師は述懐する

 いずれもストレスや加齢のせいと見過ごされがちだが、「これらのうち、一つでも当てはまる中高年男性は更年期障害を疑い、男性外来を受診してほしい」と、日本メンズヘルス医学会理事長の熊本悦郎医師は力説する。男性更年期障害は、男性ホルモンの代表格で「“男の生”を創り輝かせるホルモン」、テストステロンの減少によって引き起こされる、さまざまな障害の総称だ。

 男性更年期障害の主たる症状は冒頭に並べた通りだが、最も深刻なのは、やる気が低下し、気分が沈む、うつ症状だろう。

更年期障害なのに
抗うつ剤を処方されたら悲劇

 働き盛りであり、職場でも家庭でも重責を担い、バリバリと行動しなくてはならない時期に気力がなえてしまうのは、人生にとって大きな損失だ。メンタルヘルスへの理解が深まり、「うつ病は心の風邪」とも表現される昨今だが、精神科受診のハードルは依然として高い。職場でも家庭でも、誰にも相談できないまま苦しんでいる人は、決して少なくないはずだ。さらに、意を決して精神科を受診した結果、抗うつ剤を処方されてしまったら、悲劇はもっと深まる。

1
nextpage

「カラダの悩みを全解消」したいなら、
実用ライフスタイル誌ダイヤモンドQをどうぞ!

あなたのQuestionにズバッと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。老人ホーム選び、病院選びから、資産運用、保育園選びまで、重大な決断を骨太の記事やランキングで手助けします。

2015年7月号 好評発売中(税込780円)

ダイヤモンドQ2015年7月号

第1特集「カラダの悩み全解消!!」
ED・薄毛からがんまで、最新の薬や治療法を総ざらい

第2特集「50才からの「英語」再入門」
英語ができれば、海外旅行やボランティアを楽しめる

新企画 劇場に行って「エンタメ」を楽しもう
ライブエンターテイメントの楽しみ方を紹介

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ダイヤモンドQ編集部

あなたのQuestionにズバっと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。保育園選び、学校選び、病院選び、老人ホーム選びなど、人は人生の節目で重要な決断をしなければなりません。ダイヤモンドQは、ランキングやエッジの聞いた骨太の記事であなたの「知りたい」に答えていきます。詳しくはホームページ[http://www.diamond.jp/gr/q]をご覧ください。


カラダの悩み全解消!byダイヤモンドQ

年をとると、いろいろとカラダの不調が出てくるものである。こうしたカラダのお悩み解消法について、本特集では、さまざまな薬や治療法を総ざらいして整理してみた。

「カラダの悩み全解消!byダイヤモンドQ」

⇒バックナンバー一覧