ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
安東泰志の真・金融立国論

銀行の業務範囲拡大は時代に逆行、消費者利益にも合致せず

安東泰志 [ニューホライズン キャピタル 取締役会長兼社長]
【第58回】 2015年6月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo:hallucion_7-Fotolia.com

 金融庁の金融審議会は、銀行の業務範囲を拡大する方向で議論を開始した。日本の銀行の業務範囲は長い年月をかけて徐々に拡大されてきたが、リーマンショック後の環境でも、これ以上の業務範囲の拡大が本当に必要なのかについて、消費者利便性、預金者保護、そして金融立国の観点から検証してみたい。

銀行の業務範囲拡大は
世界的な規制強化の動きに逆行

 去る5月19日から金融審議会に「金融グループを巡る制度のあり方に関するワーキング・グループ」の議論が始まった。これは、銀行の業務範囲をさらに拡大することの是非を考える会合だ。

 米国では、大恐慌後の反省から厳格な銀行業務と証券業務の分離が行われていた。しかし、1999年に一定の要件を満たした銀行持株会社に、金融持株会社(Financial Holding Company)というステータスを与え、金融業務に付随する業務や補完する業務を行なうことができるようにした。また、欧州では伝統的に銀行の業務範囲の制限は緩かった。

 日本は、もともと米国型の規制を採用していたが、93年の金融制度改革法により、銀行の傘下に証券会社や信託銀行を置くことが認められた。さらに、98年からは銀行持株会社を設立してその傘下に銀行・証券会社・保険会社などを置くことが認められ、その結果、一部の大手証券会社等が銀行の持株会社の子会社になった。2008年には、銀行持株会社傘下の会社にさらなる業務の拡大が認められた。

 その結果、銀行持ち株会社グループ全体で15%までしか認められていない一般事業会社の議決権保有についても、投資専門子会社が持つベンチャーキャピタルや事業再生会社に例外を認める形で抜け道が用意された。このように、日本では、リーマンショック前までの欧米に倣って、銀行の業務範囲をどんどん拡大してきたのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

安東泰志 [ニューホライズン キャピタル 取締役会長兼社長]

東京大学経済学部卒業、シカゴ大学経営大学院(MBA)修了。1981年に三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行、1988年より、東京三菱銀行ロンドン支店にて、非日系企業ファイナンス担当ヘッド。90年代に英国ならびに欧州大陸の多数の私的整理・企業再生案件について、参加各行を代表するコーディネーターとして手がけ、英国中央銀行による「ロンドンアプローチ・ワーキンググループ」に邦銀唯一のメンバーとして招聘される。帰国後、企画部・投資銀行企画部等を経て、2002年フェニックス・キャピタル(現・ニューホライズンキャピタル)を創業し、代表取締役CEOに就任。創業以来、主として国内機関投資家の出資による8本の企業再生ファンド(総額約2500億円)を組成、市田・近商ストア・東急建設・世紀東急工業・三菱自動車工業・ゴールドパック・ティアック・ソキア・日立ハウステック・まぐまぐなど、約90社の再生と成長を手掛ける。事業再生実務家協会理事。著書に『V字回復を実現するハゲタカファンドの事業再生』(幻冬舎メディアコンサルティング 2014年)。
 


安東泰志の真・金融立国論

相次ぐ破綻企業への公的資金の投入、金融緩和や為替介入を巡る日銀・財務省の迷走、そして中身の薄い新金融立国論・・・。銀行や年金などに滞留するお金が“リスクマネー”として企業に行き渡らないという日本の問題の根幹から目をそむけた、現状維持路線はもはや破綻をきたしている。日本の成長のために必要な“真”の金融立国論を、第一線で活躍する投資ファンドの代表者が具体的な事例をもとに語る。

「安東泰志の真・金融立国論」

⇒バックナンバー一覧