ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
人生の99%は思い込み――支配された人生から脱却するための心理学
【第7回】 2015年6月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
鈴木敏昭 [心理学者]

あなたは知らず知らずのうちに
人生を不幸に導く「ゲーム」を続けてしまう

なぜ肝心なときに失敗してしまうのか、なぜ幸せを自ら崩壊させてしまうのか……。あなたには、そんな傾向はないだろうか? 実はこれらはすべて思い込みからなる「人生脚本」のせいだと語るのは、「人生の99%は思い込み」の著者である心理学者の鈴木敏昭。
前回まで、人生脚本を構成する禁止令とドライバーを紹介した。では実際に、人生脚本を推し進めるものとはなにか。脚本を演じる舞台ともいえる「ゲーム」という考え方を紹介しよう。

人生脚本によって
「ゲーム」が展開される

 人生脚本は、主に幼少期に書き上げられる。それも無意識のうちに。
 禁止令などによって、子どもは人生に対する「構え」を作り上げる。人生の脚本は、「禁止令」や「ドライバー」、そして「構え」によって作り上げられる。

 こうして出来上がった脚本を前に進めるのが「ゲーム」である。心理学では「人生ゲーム」と呼ぶこともある。

ゲームとは報酬を得るためにある行動を繰り返すことだ。

 私たちは無意識に、自分の人生を成立させるためのゲームに参加している。愛情やお金や幸福感といった報酬を得るために、日々行動しているわけだ。

自分の構え・世界のとらえ方を
裏付けるためのゲーム

 もちろん、人生にとって正しいゲームであれば問題はない。お金を稼ぐために仕事で成功する。愛情を得るために恋愛というゲームを続ける。こうしたゲームは何ら問題はないだろう。

 しかし、ときにゲームは悪い方向にも作用する。

 たとえば、他人を困らせたり、嫌な思いをさせたりすることで満足感を得る。相手の気を引くために、問題のある行動を取る。自分に注目を集めるために遅刻をするなど、こういったパターンもゲームとして成立するのだ。

 なぜ、ともすれば自分を不幸にも導くようなゲームに自ら参加してしまうのだろうか? 

 人は誰しも「他人から愛されたい」「自分を認めてもらいたい」という願いを持っている。幼いころ、親にあまりかまってもらえなかったり、親に厳しく育てられたりした人は、愛情に飢えている。

 そういう子どもは無意識に「無視されるよりは、ネガティブにでも相手の関心を持たれたい」と感じてしまう。そこで、親にふりむいてもらうためにいたずらばかりをして近所でもめ事を起こしたり、嘘を平気でついたりする。
人は怒られるよりも、無視される方がつらい。相手の関心を引くために、ゆがんだ行動を起こしてしまうのだ。それが習慣になると、大人になってもゆがんだ行動で相手の関心を引こうとする。

 また人には、世界のとらえ方である「自分の構え」を確認するためにゲームに参加するという一面もある。

 自分の構えには、以下の4つのパターンがある。
・「私もOK、あなたもOK」…この世のものすべてに価値があると認識。幸福な人生脚本
・「私はNG、あなたはOK」…自分に自信がなく、自己承認できない。卑屈になりやすい
・「私はOK、あなたはNG」…おまえのものも俺のもののジャイアンタイプ。自己中心的
・「私はNG、あなたもNG」…人生が無意味だという虚無感を持つ。自分も他者も否定

 人はこの4つのパターンのいずれかに当てはまるわけだが、この自身の構えを確認するために、問題行動を起こす。

 たとえば、同僚に対して一々「それっておかしいんじゃない?」と突っかかってしまうのは、「私はOK、あなたはNG」の構えを確認したいのだ。相手が傷ついた表情をしたり、苛立ったりすれば、自分の立場が強いのだと実感でき、満足する。

 自分も相手もNGであるという構えを持った人は、世界をネガティブに捉えているため、そのネガティブな世界を証明するためにゲームを進める。

 よって自滅的な行動を取ることである種の満足を得るわけだ。そして、構えを確認するたびに、人生は「強化」されていく。それは、自分の世界観が正しいと証明するための作業なのだ。

次回は、具体例を交えながら人生ゲームの公式について紐解いていく。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


鈴木敏昭 [心理学者]

◎1950年東京生まれ。教育学修士(京都大学/1980年)。
◎77年横浜国立大学教育学部卒業後、80年に京都大学大学院教育学研究科(修士課程)修了。85年に京都大学大学院教育学研究科(博士課程)単位取得満期退学。その後、四国女子大学家政学部助教授などを経て、96年より四国大学生活科学部教授。
◎専門分野は心理学。「自己意識の構造」が最大テーマ。その主な下位領域として自尊心、性意識、思い込み、人格形成などを研究。
◎中学2年のときから「自分とはなにか?」に関心があり、以来ずっと「自分」についての研究に没頭している。
◎日本心理学会、日本発達心理学会、教育心理学会、日本社会心理学会所属。著書に『自己意識心理学概説』(北樹出版)、『自己成立の発達心理学』(ふくろう出版)、『思い込みの心理学』(ナカニシヤ出版)などがある。


人生の99%は思い込み――支配された人生から脱却するための心理学

世の中の「常識」もあなたの「性格」もこの世の99%は思い込みでできている。その「思い込み」はいかにつくられるか、またその「思い込み」を外すにはどうすればいいかを探る。

「人生の99%は思い込み――支配された人生から脱却するための心理学」

⇒バックナンバー一覧