ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ホリエモン的常識

不毛な原発比率の議論より発送電技術の開発を急げ
【ホリエモン的常識】

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]
【第37回】 2015年6月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
Q.政府は2030年度の総発電量に対する電源ごとの割合を明らかにしました。原子力発電の比率を現在の1%から20~22%にまで高め、つまりは原発の新増設も視野に入ります。目に見えるコストは減る分、国が負うリスクが高まります。堀江さんは日本の最適な電源構成についてどうお考えですか。

ある程度の原発維持は必須かな
そもそも2030年の社会なんて予測できないけれど

A.そもそも変数が多すぎて、2030年度の日本の産業構造や人口構成などを予測すること自体非常に難しく、したがって2030年の電源構成の最適値といってもそれを判断することは非常に難しいです。

 また技術革新のスピードも関係するでしょう。例えば、高性能な超電導送電システムが開発され長距離の超電導送電線が実現されたら、ロシアのシベリアに設置した大量の原発から超電導送電してくるといったことも可能になるかもしれません。

 また、量子ドット太陽電池などで太陽光発電システムの効率が劇的にアップすれば、あらゆる場所に太陽電池が設置されるかもしれません。蓄電システムについでも同様です。

 おおまかな方向性としては、いくつかの選択肢を常に持つことが大事です。原発に関してもこれをゼロにすると、例えば原子力技術者の不足を招いたりします。技術力を維持する観点からも、ある程度のシェアを原子力発電が担う事は必須と考えます。

Q.中等教育が見直されています。堀江さんが母校、久留米大学附属中・高校で学んだことのうち、今振り返って「ここでよかった」と思うことはなんですか。また卒業生同士のつながりはあるのでしょうか。

受験校で勉強には良い環境だったけど
おかげで恋愛下手になっちゃった(てか!)

A.うーん……。東京大学や各大学医学部などの難関大学に入るための進学校という位置づけでしたから……。

 もっとも、私としては自宅から通学できるベストの中高一貫校ということだけで受験しました。

 卒業生同士の交流は、私自身はあまり関わっていないですが、最近はフェイスブック上でいろいろと交流があるようです。

 そうした学校の環境ですが、男子校だったので女性との交流がほとんどなく恋愛下手になってしまったりと、まぁ良くない点も多かったと思います。

 とはいえ、勉強のレベルは当然ながらそれなりに高く、高校3年の受験モードのときも、予備校に通う必要はありませんでしたので、受験勉強をするには良い環境でしたね。

 でも、今はネット経由で学ぶ場所はいくらでもあるので、“学校でしかできない”ということは少なくなっていっているのではないでしょうか。

毎週月曜日に配信!

あのホリエモンのメルマガがダイヤモンド社から配信開始

  • 毎週月曜日は、通常号「堀江貴文 ブログでは言えない話」
  • 毎週火曜日は、DPMだけの特別配信「ホリエモン的常識」
    (週刊ダイヤモンド連載生原稿)

メルマガ申し込みへ

●橘玲、闇株新聞などダイヤモンド社の著者がメルマガを配信!DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]

1972年福岡県八女市生まれ。血液型A型。実業家。元・株式会社ライブドア代表取締役CEO。民間でのロケット開発を行うSNS株式会社ファウンダー。東京大学在学中の1996年、23歳のときに有限会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)を起業。2000年、東証マザーズ上場。2004年から05年にかけて、近鉄バファローズやニッポン放送の買収、衆議院総選挙への立候補などといった世間を賑わせる行動で一気に時代の寵児となる。しかし2006年1月、証券取引法違反で東京地検特捜部に逮捕され懲役2年6ヵ月の実刑判決を下される。2013年11月に刑期を終了し、ふたたび自由の身となって「ゼロ」からの新たなスタートを切った。自身のブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」で独自の見解を展開中。著書に『徹底抗戦』『人生論』『希望論』など。TV、ラジオ、インターネット番組と幅広く活躍中。


ホリエモン的常識

日本で一番有名な企業家、ホリエモンが世間の常識に囚われずに、本音の回答を行なうQ&A連載がスタート。

毎回、起業、IT、テクノロジー、経済、時事問題などあらゆるジャンルの質問に答えていきます。質問は以下から q-horie@diamond.co.jp  週刊ダイヤモンドでの連載と連動し、DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)では、フルバージョンでの配信も行ないます。

「ホリエモン的常識」

⇒バックナンバー一覧