ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる
【第2回】 2015年6月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
久保田競 [京都大学名誉教授・医学博士],久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

「頭のいい子は歩くまでに決まる」って
ウソ? ホント?
脳科学の権威が明かす
「0歳0ヵ月からの子育て」

1
nextpage

育児書の名著として名高い『幼稚園では遅すぎる』著者で、ソニー創業者の井深大氏も絶賛したという、久保田競+久保田カヨ子著『赤ちゃん教育』(1983年刊、その後絶版)。
中古書籍を扱う、アマゾンマーケットプレイスでは、1万56円のプレミア価格がつき、貸出が多すぎて本がボロボロになり、国立国会図書館からも消えた。
そんな“0歳からの伝説の育児バイブル”が、最新の脳科学データを完全アップデート、190点近いイラストも一新して、『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』が刊行された。
“脳科学おばあちゃん”の久保田カヨ子氏が著名になったのも、すべての原点は『赤ちゃん教育』にあったのだ。
京都大学名誉教授・医学博士で著者の久保田競氏に、「頭のいい子は歩くまでに決まる」の真意を聞いた。

「記憶・計画能力」は、
「歩く・走る能力」で生まれる!?

久保田 競
(Kisou Kubota)
1932年生まれ。医学博士、京都大学名誉教授。世界で最も権威がある脳の学会「米国神経科学会」で行った研究発表は日本人最多の100点以上にのぼり、現代日本において「脳、特に前頭前野の構造・機能」研究の権威。2011年、瑞宝中綬章受章。『ランニングと脳』『天才脳をつくる0歳教育』『あなたの脳が9割変わる!超「朝活」法』など著書多数。

 最近の脳科学の新研究技術である「神経映像化法」(ニューロイメジング法:脳の局所の酸素の量の変化が反映している脳血流の変化を調べる)で調べると、赤ちゃんでも歩くと、脳の「前頭前野」や「運動野」が働いています。

 大人でも、週に40分走ることを半年も続けると、前頭前野の容量が大きくなり、よく働くようになる――2004年ごろから、そのような報告がされるようになってきました。

 さらに、記憶したり、計画したりする能力は、走ったり歩いたりすることで生まれてきた、と考えられるようになってきました。

 そんなことをした、かつての偉い人と言えば誰でしょう。

 すぐに思い出せるのは、「西遊記」の物語の主人公、三蔵法師です。

 玄奘三蔵は、1300年以上も前の中国の唐の時代、西暦629(貞観3)年に長安(現・北京)を出発し、歩いたり(馬に乗ったり)して、ゴビ砂漠やタクラマカン砂漠を通り抜け、3年かけてインドへ行き、仏教の勉強をして、16年後の西暦645(貞観19)年に、多数の経典と仏像を持ち帰りました。

 そして20年かけて、76部1347巻のお経を中国語(漢文)に翻訳したのです。玄奘三蔵像が国立博物館に国宝・重要文化財として残されていますが、いかにも大仕事をやり通せるような精かんな顔つきをしています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


久保田競 [京都大学名誉教授・医学博士]

1932年生まれ。医学博士、京都大学名誉教授。世界で最も権威がある脳の学会「米国神経科学会」で行った研究発表は、日本人最多の100点以上にのぼり、現代日本において「脳、特に前頭前野の構造・機能」研究の権威。2011年、瑞宝中綬章受章。
『ランニングと脳』『天才脳をつくる0歳教育』『天才脳を育てる1歳教育』『天才脳を伸ばす2歳教育』『赤ちゃんの脳を育む本』『あなたの脳が9割変わる!超「朝活」法』など著書多数。

久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

 

1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける”久保田式育児法〈クボタメソッド〉を確立。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役。著書に、累計25万部突破のシリーズ『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』など多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。

【脳研工房ホームページ】
http://www.umanma.co.jp/

 


赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる

脳科学の権威と、テレビで大人気の【脳科学おばあちゃん】が贈る0歳からの伝説の育児バイブル! 0歳から脳に働きかける「クボタメソッド」を実践、約20年で3000人以上の赤ちゃんの脳が活性化。勉強ができて、心が強い子に育ちます。特に、オムツ体操は必見。脳科学データを完全アップデートしたので、日本中で育児に悩む親御さんがあふれかえるいまこそ、自信をもっておつたえします。

「赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる」

⇒バックナンバー一覧