ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3歳までにすべてが決まる!? 「脳科学おばあちゃん」直撃インタビュー
【第2回】 2011年9月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

【第2回】
「わざわざ離乳食はつくらん!」
「卒乳は6か月でもええ!」
いまこそ育児の呪縛を捨てよう

1
nextpage

79歳にして初の単著『カヨ子ばあちゃん73の言葉』を刊行した「脳科学おばあちゃん」こと久保田カヨ子氏が、35歳「イクメン」読者の育児の悩みに答える4回連載の2回目。
今回は、赤ちゃんに対するお父さん、お母さんの関わりや、「卒乳」と「離乳食」についての悩みをぶつけてみた。対するカヨ子ばあちゃんのアドバイスは…?
(聞き手/35歳男性A:0歳7か月の子どもあり&妻は専業主婦、構成/阿蘭ヒサコ、撮影/堀内慎祐)

■まじめなお母さんほど陥るワナ

 カヨ子先生は、77歳にしてご自身で立ち上げた株式会社『脳研工房』で、実際に赤ちゃんとお母さんを対象にした育児教室を開かれていると聞きましたが…。

カヨ子 育児教室はやっていません。問題のある赤ちゃんを個別に見ているうちに、結果的に人数が増えただけです。相談事がある方には、まず当社で発行している『うまんま』の会員になってもらって、手紙を書いていただきます。
  それで、引っかかった(気になった)赤ちゃんを見るわけですが、中には本当に思い詰めたお母さんもいます。また、赤ちゃんとその親、そして母方父方両方のご両親といったように、赤ちゃん1人に6人の大人がついてきたこともありました。

 そうなんですか。

カヨ子 そういう親に育てられている赤ちゃんを見ると、抱き方が悪いせいでちょっと首が傾いていたり、妊娠中に腹帯をしっかりつけていなかったからか、足の形がちょっと悪かったりする子がいるわけです。
  まじめなお母さんほど思い入れは強いんだけど、どこに手をかけて、どこで手抜きをしたらいいのか、わからないんです。
  うちに連れて来られた赤ちゃんは、みんな最初はオドオドして泣きわめいてます。そりぁ切羽詰まった状態のお母さんに育てられてたら、そうなりますよ。
  そういう赤ちゃんとお母さんを集めて“オムツ体操”とか声がけの仕方とか、赤ちゃんへの接し方を教えてるとね、何回か通ってくるうちに明らかにお母さんの表情が和らいでくるんです。で、それに比例して赤ちゃんの情緒も安定してきます。
  
ほんのちょっとしたことなんですけどね。つまり、親として「これでええねん!」っていう確固たる自信のない人が多いんです。

 私の場合、前に一度、夜遅く帰宅したら、妻が赤ん坊を抱きながら一緒に泣いてたことがありました。夜泣きがひどい時期で、「子どもにオッパイをあげても、オムツを替えても泣きやまないので、途方にくれて、気づいたら自分も泣いてた」と…。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

 

1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける”久保田式育児法〈クボタメソッド〉を確立。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役。著書に、累計25万部突破のシリーズ『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』など多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。

【脳研工房ホームページ】
http://www.umanma.co.jp/

 


3歳までにすべてが決まる!? 「脳科学おばあちゃん」直撃インタビュー

核家族化、少子化のもと、お母さんだけでなく、お父さんの子育ての悩みも尽きない。玉石混交のネット社会のなか、本当に知りたい正しい情報はどこにあるのか。
そこで、脳科学の権威である久保田競氏の妻で、「脳科学おばあちゃん」としておなじみの久保田カヨ子氏(79)に、「イクメン」相談者の悩みを4回にわたってぶつけてみた。77歳で株式会社『脳研工房』を立ち上げ、このたび初の単著となる『カヨ子ばあちゃん73の言葉』を刊行したカヨ子氏は、どのように答えるのか?

「3歳までにすべてが決まる!? 「脳科学おばあちゃん」直撃インタビュー」

⇒バックナンバー一覧