ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
カラダの悩み全解消!byダイヤモンドQ

結局、治療すべきか否か
高血圧の新基準値騒動の顛末

ダイヤモンドQ編集部
【第10回】 2015年6月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

昨年、人間ドック学会などが発表した高血圧の「新基準」が大騒動を巻き起こした。『ダイヤモンドQ』編集部では、その理由や背景を解説する。

どこまでが正常?
基準値めぐり一騒動

 どこまでが正常で、どこから高血圧? 昨年4月、高血圧の基準値をめぐり一騒動が持ち上がった。

これまで高血圧の薬を飲んでいた人も、異常なしの範囲に入ってしまう

 きっかけは、人間ドック学会と健康保険組合連合会が合同でつくる「検査基準値及び有用性に関する調査研究小委員会」が発表した「新たな健診の基本検査の基準範囲」という報告書。

 血圧やコレステロールなど、おなじみの基準値を大幅に緩めたものだから、さぁ大変。分かりやすい血圧を例にすると、違いは歴然で、これまでおとなしく血圧を下げる薬を飲んでいた人も、異常なしの範囲に入る(表参照)。「いままでは何?」という気持ちにもなる。

 しかし、「新基準」が公表されたわずか10日後の4月14日には、日本高血圧学会(JSH)が「高血圧の判定基準は140/90mmHg以上で変更ありません」との見解を発表。5月21日には日本医師会と日本医学会が共同見解を出している。

 特に後者は手厳しく、小委員会の報告を「拙速」「エビデンス(科学的根拠)が高いとは言えない」と批判。「医療費適正化自体を目的とした基準範囲の設定であれば、本末転倒と言わざるを得ない」と断じた。

1
nextpage

「カラダの悩みを全解消」したいなら、
実用ライフスタイル誌ダイヤモンドQをどうぞ!

あなたのQuestionにズバッと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。老人ホーム選び、病院選びから、資産運用、保育園選びまで、重大な決断を骨太の記事やランキングで手助けします。

2015年7月号 好評発売中(税込780円)

ダイヤモンドQ2015年7月号

第1特集「カラダの悩み全解消!!」
ED・薄毛からがんまで、最新の薬や治療法を総ざらい

第2特集「50才からの「英語」再入門」
英語ができれば、海外旅行やボランティアを楽しめる

新企画 劇場に行って「エンタメ」を楽しもう
ライブエンターテイメントの楽しみ方を紹介

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ダイヤモンドQ編集部

あなたのQuestionにズバっと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。保育園選び、学校選び、病院選び、老人ホーム選びなど、人は人生の節目で重要な決断をしなければなりません。ダイヤモンドQは、ランキングやエッジの聞いた骨太の記事であなたの「知りたい」に答えていきます。詳しくはホームページ[http://www.diamond.jp/gr/q]をご覧ください。


カラダの悩み全解消!byダイヤモンドQ

年をとると、いろいろとカラダの不調が出てくるものである。こうしたカラダのお悩み解消法について、本特集では、さまざまな薬や治療法を総ざらいして整理してみた。

「カラダの悩み全解消!byダイヤモンドQ」

⇒バックナンバー一覧