HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

血圧も血糖も正常なのに…
リスク因子non HDL-Cとは?

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【【第239回】 】

 そろそろ春の健診だ。このところ診断基準がちょこちょこ変わり、現場も少々混乱気味。ここらで整理しておこう。

 中高年・メタボ諸氏がまず、注意すべきは血圧値。心筋梗塞はもちろん、日本人に多い脳卒中の発症リスクなので、本人ばかりか家族の将来にも影響を及ぼす。

 日本高血圧学会の診断基準(2014年版)によると、高血圧と診断されるのは、診察室血圧で140/90mmHg以上。早期発見・早期治療は高血圧も同じで、放置期間が長くなるほど心疾患や脳血管疾患リスクが上昇する。指摘されたら、生活習慣の見直しはもちろん、降圧剤の服用が必要か否か医師に相談するといい。

 もう一つ気になる検査値はおなじみの善玉・悪玉コレステロール値だ。日本動脈硬化学会の疾病予防ガイドライン(12年版)では、正常と脂質異常症とのボーダーライン群として、悪玉・LDL-C(コレステロール)値120~139mg/dLの「境界域高LDL-C血症」が新たに登場。即、脂質異常症の治療薬を飲むほどではないが、加工食品を控え、食物繊維をたっぷり含む大豆製品や野菜、海藻をたくさん食べる食習慣を心がけたい。

 さらに、最近注目されているのは善玉コレステロール以外の脂質全般を指す「non(非)HDL-C」だ。先月報告された米国の研究によると、30代の若いうちから非HDL-C値が160mg/dL以上の人は、たとえ血圧値や血糖値が正常で標準体重でも、中高年期の心疾患リスクが4倍に上昇するという。日本人の非HDL-Cの適正値はまだ曖昧だが、一説によると、140mg/dLが心疾患リスク上昇の分岐点らしい。

 さて、非HDL-Cの計算式は、総コレステロール(TC)値から善玉・HDL-C値を引く、という単純なもの。たとえば、TC値が200mg/dLでまあまあでも、HDL-C値が20mg/dLなら非HDL-C値は180mg/dLと、危険区域に入る。非HDL-Cを減らすには前述の食物繊維の摂取に加えて、善玉脂質が豊富な青魚を食べ運動時間を増やす、というのが常套手段である。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

関連記事
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧