ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
初心者でもできる安心投資の鉄則
【第5回】 2007年11月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
金田健志郎

長期投資は「利食い幅」も「損切り幅」も大きく

1
nextpage

 どんなに優秀なプロであっても損はします。儲かったり損をしたりしています。大事なのは、損の回数や金額が、儲けの回数や金額よりも少なくなっていることです。だから、損をしてもあわててはいけません。投資を行なううえで一番大切なのは、

 自分の心理コンロールをすること

 です。普通の人なら、損が膨らんでくると、心理状態がおかしくなります。精神的に不安定になると、誤った判断をします。だから、損の回数や金額が、儲けの回数や金額を上回ってしまうのです。それでは絶対に儲けることができません。これは、プロの投資家でも、実はできていない人が多いのですが、これができないと投資では成功しません。

 こういう心理のコントールを行なうのに一番良い方法は、「いつ、どんな状況で、どれだけの金額を売る(買う)か」を前もって決めておくことです。すなわち、

 計画的な売買

 が大事だということです。そのときどきの雰囲気で、行き当たりばったりの売買をしていると絶対に勝てません。

長期投資か短期投資か、
決めたら絶対に変えない

 長期投資ならば、大きなリターンを狙いにいくので、その分リスクも大きくとらないといけません。逆に、短期投資では、小さなリターンを狙っているので、その分リスクも小さくしないといけません。小さなリスクで、大きなリターンがとれれば最高ですが、そんなことができる人はいません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/18~6/24)



金田健志郎

国内外の著名金融機関にて、株式、債券、為替、デリバティブといったさまざまな投資に携わってきた経験を通じ、独自の投資スタイルおよび投資哲学を確立。高度な技術をベースとしつつ、長期の定性判断に100%こだわった投資手法による、リスクを抑えた高収益の運用が特徴。現在も巨額の資金運用に従事している。米国証券アナリスト(CFA)。


初心者でもできる安心投資の鉄則

はじめの投資は安全第一!安心してできる投資法にトコトンこだわりました!大手金融機関のプロが、自分の会社でも薦めない投資商品をこっそり教えます。

「初心者でもできる安心投資の鉄則」

⇒バックナンバー一覧