ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ヘッジファンドに潜む金融犯罪の闇

“プロ中のプロ”でも騙された!
投資サギを見破る「3つのリスク分析」

有友圭一 [デロイトトーマツコンサルティング パートナー],藤澤俊雄 [デロイトトーマツコンサルティング マネジャー]
【第2回】 2009年6月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 サブプライムショックに続く世界的な経済危機の煽りを受け、過剰流動性を背景に巨額の投資を行なって来たヘッジファンド勢は、現在なりを潜めている。

 しかし直近では、にわかに広まり始めた「景気底入れ観測」によって株価や商品価格が再び堅調な動きを始めたこともあり、「彼らの一部が本格的にマーケットに戻り始めたのではないか」と囁く関係者も多い。

 現時点では「期待先行感が強い」と見られるものの、今後本格的に投資ブームが盛り上がれば、ヘッジファンドが投資家から預かる資産額は再び増え始めるだろう。

 しかしそんな期待感が盛り上がっているときこそ、投資家は運用先選びに慎重になるべきだ。第1回コラムで紹介したとおり、外から運用実態が見えにくいヘッジファンドには、「金融犯罪のターゲットになり易い」というリスクがあるためだ。

なぜ機関投資家まで騙されたか?
投資サギの“闇のスキーム”とは

 その象徴的なケースが、第1回目で詳しく説明した「マドフ事件」である。これは、「2008年、元NASDAQ証券取引所の会長であり、高名な慈善家として信頼されていたバーナード・マドフが、巧妙な「ネズミ講投資スキーム」により、約4800人の投資家に対して、約6480億ドル(約64.8兆円)という巨額の損失を与えた事件だ。「歴史上最大の架空投資サギ」として、投資家の脳裏に深く焼き付いている。

 一般投資家だけではなく、金融のプロである機関投資家までもが、いったい何故このような「架空投資サギ」に巻き込まれてしまったのか?

 今回は、投資家が金融犯罪に巻き込まれる原因と対策について、詳しく分析してみよう。

 この分析と対策は、主に「カウンターパーティ・リスク」「商品リスク」「チャネル・リスク」の3点において行なう、金融犯罪から身を守るための基本的なアプローチである。

 まず、「カウンターパーティリスク」(取り引き先の事情により損害を被るリスク)による分析によると、多くの投資家は、「バーナード・マドフは政治家や政府高官との関係が強く、慈善活動組織にも深く関与していた優良人物」としてマドフを信頼していた。

 したがって、投資家にとってカウンターパーティとなるマドフ・ファンドは、「優良な取引相手」と評価されていたとされる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

有友圭一 [デロイトトーマツコンサルティング パートナー]

グローバル金融機関を中心に様々な業界に対するマネロン規制対応、業務プロセス設計、システム設計・構築、電子マネービジネスモデル策定支援、法規制アドバイザリーなどを手がける。著書に『マネーロンダリング対策の実務』(ファーストプレス刊)など多数。米国公認会計士。英国ウォーリック大学MBA。

藤澤俊雄 [デロイトトーマツコンサルティング マネジャー]

金融機関に対し国内法人設立を含む事業立上支援や法令順守体制構築を得意とする。また、幅広い分野におけるマネロンなど金融犯罪対策支援に精通している。金融犯罪に関連して「仮想世界に忍び寄る金融犯罪」でも仮想世界における金融犯罪対策について連載。


ヘッジファンドに潜む金融犯罪の闇

金融市場に大きなインパクトを与えるヘッジファンド。その実態は、謎のベールに包まれています。この連載では、金融危機後に再び市場に戻りつつある彼らが抱える「金融犯罪のリスク」について分析します。

「ヘッジファンドに潜む金融犯罪の闇」

⇒バックナンバー一覧