ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金利市場透視眼鏡

目先高まった日米金利の連動性
来年にかけては弱まる公算

野地 慎 [SMBC日興証券シニア金利ストラテジスト]
2015年7月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 5~6月の海外長期金利上昇局面では、日本の長期金利も連動して上昇し、20年債利回りが1.3%を付けたほか、10年債利回りも0.5%を上回った。日本銀行が2014年10月に国債買い入れ政策を強化して以降、日本の長期金利は海外長期金利上昇に対し、一定の耐性を見せていたが、今回は米国などの長期金利上昇につられた格好だ。

 日本の長期金利が米国に連動した背景の一つに、米国債の長短スプレッドの拡大が挙げられる。今回の米国長期金利上昇局面では、5年後2年金利のようなフォワード金利(将来の金利)が上昇した。将来の利上げ加速への思惑が高まり、米国債の10年と2年の利回り差が拡大し、利回り差拡大で長期債投資への魅力が高まった。

 米国長期債の投資妙味が増せば、日本の長期債、超長期国債への投資は手控えられることになる。そのことが日本の長期金利上昇に影響を及ぼしたと言えそうだ。

 逆に、米国債の10年と2年の利回り差拡大に鑑みれば、足元で利上げ期待が急速に高まったわけではない。通常、利上げ期待が高まれば10年債以上に2年債の利回りが上昇しやすく、10年と2年の差が縮小するからだ。

 5月以降の市場ではドイツ長期金利上昇が象徴するようにユーロ圏への悲観論が後退し、ユーロ上昇に連動する格好で原油や商品価格がリバウンドした。将来のグローバル経済への楽観論や漠然としたインフレ期待が、より長めの金利の押し上げにつながった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金利市場透視眼鏡

国債などの債券投資家のニーズに応えるコラム。執筆には第一線のエコノミストを迎え、債券市場の動向を分析、今後の展望を予測する。

「金利市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧