ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方

日本の危機・人口減を阻止せよ!

新婚夫婦は無理して都心に住め!

竹中平蔵 [慶應義塾大学教授 グローバルセキュリティ研究所所長],上田晋也 [タレント]
【第17回】 2008年8月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ついに日本の人口が減り始めた上田 今日は少子化と人口の減少問題について考えてみたいと思います。突然ですが、竹中さんにご兄弟はいらっしゃいますか?

竹中 私は3人兄弟の次男ですが、私の世代では平均的な人数でした。私が生まれた1951年当時の特殊出生率は3を超えていましたからね。

画像の説明上田 ということは、今はその半分以下なんですね。総務省が今年の3月に発表した推計人口(20007年10月付)のグラフを見ると、出生児数が死亡者数を2000人も下回っている。比較可能な昭和25年以降、初めて「自然減」になっています。

 さらにもう1つ、日本の「将来人口推計」ですが、2046年には1億人を割り込み、2058年には9000万人、2100年には現在の半分以下まで割り込むという予測です。人口が減ると困ることは何ですか?

竹中 人口が減るということは、国内のマーケットが小さくなることを意味します。自動車の保有台数は着実に減り始めていますが、まだ問題視されていないのは、自動車メーカーそのものがグローバル化されているので、そこまで困らないからです。しかし、すでに自動車雑誌が売れない状況を見ても、自動車業界に付随する産業が困ってしまうでしょう。

 もう1つは、人口が減る過程で高齢者が増え、若者が減ることになるので、若い人の負担が重くなります。とはいえ、税金を増やせば経済の活力がなくなってくる。色々と工夫しなければ、大きな問題が起きる可能性があるんです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹中平蔵 [慶應義塾大学教授 グローバルセキュリティ研究所所長]

1951年生まれ。一橋大学経済学部卒業後、日本開発銀行に入行。ハーバード大学、ペンシルバニア大学客員研究員、大阪大学助教授、慶應義塾大学教授などを経て、01年より小泉内閣で金融担当大臣、経済財政政策担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣を歴任。04年から06年まで参議院議員。

上田晋也 [タレント]

1970年生まれ。お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」メンバー。早稲田大学教育学部中退。91年に有田哲平とコンビ結成。レギュラー出演番組多数。


竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方

経済学者・竹中平蔵と、くりぃむしちゅーの上田晋也が、毎週楽しくわかりやすく日本の経済を解説。同名テレビ番組(BS朝日、朝日ニュースター)の一部を再構成してお届けします。

「竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方」

⇒バックナンバー一覧