ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方

総集編~あの作り方は今

2009年は「古いしがらみ」を捨てる勇気を持とう!

竹中平蔵 [慶應義塾大学教授 グローバルセキュリティ研究所所長],上田晋也 [タレント]
【第35回】 2008年12月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

上田 経済激変の年だった2008年もいよいよ年の瀬ですが、実は4月からスタートした「ニッポンの作り方」も、今回が最終回になります。今まで応援してくださった視聴者の皆様、どうもありがとうございました。

 そこで、今回は「最終回スペシャル」として、これまでの数ある「作り方」のなかで最も印象深かったテーマを振り返ってみましょう。竹中さんと番組に出るのもこれが最後になるかと思うと、とても残念です。

竹中 そうですね。でも、上田さんのおかげですごく充実した番組になったと思います。どうもありがとうございました。

上田 番組では、世界経済からプロ野球まで多岐に渡るテーマを取り上げました。今年は年後半に、「100年に1度の危機」が到来しましたが、これはさすがに竹中さんも想定外だったのでは?

竹中 想像を超える大変なことが、世界中で起きています。リーマン・ブラザーズが倒産するなど、当初は誰も予測できなかった。日本にとっては、政治も経済も悪い年でした。2009年は、何とかしないといけないですね。

キャピタルクランチに陥る金融機関に
「日本郵政」の資金を投資せよ!?

上田 それでは早速、過去の印象深いエピソードを振り返ってみましょう。まずは、4月20日放送の第3回、経済危機の発火点ともなった「サブプライム危機の真実」です。

竹中 このとき私は、「民営化した郵政はアメリカに出資せよ」と提言しました。金融危機のアメリカで今起きているのは、「キャピタル・クランチ」です。これは、金融機関が不良債権を抱えて損失を出し、資本金が毀損されて不足する事態に陥ること。

 そんなアメリカの金融機関に出資してくれる候補として、政府系金融機関「SWF」(ソブリン・ウェルス・ファンド)は重要な存在です。

 しかし、政府のおカネを受け入れれば、ある国が政治的な意図を持ってアメリカの金融機関を乗っ取るという怖れもある。そこで振り返ってみると、実は日本にもとんでもないソブリン・ウェルス・ファンドがかつてありました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹中平蔵 [慶應義塾大学教授 グローバルセキュリティ研究所所長]

1951年生まれ。一橋大学経済学部卒業後、日本開発銀行に入行。ハーバード大学、ペンシルバニア大学客員研究員、大阪大学助教授、慶應義塾大学教授などを経て、01年より小泉内閣で金融担当大臣、経済財政政策担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣を歴任。04年から06年まで参議院議員。

上田晋也 [タレント]

1970年生まれ。お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」メンバー。早稲田大学教育学部中退。91年に有田哲平とコンビ結成。レギュラー出演番組多数。


竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方

経済学者・竹中平蔵と、くりぃむしちゅーの上田晋也が、毎週楽しくわかりやすく日本の経済を解説。同名テレビ番組(BS朝日、朝日ニュースター)の一部を再構成してお届けします。

「竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方」

⇒バックナンバー一覧