ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ネット口コミ徹底活用テクニック
【第7回】 2008年3月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
村本理恵子 [マーケティング・コンサルタント]

匿名性が生んだ「誹謗中傷」の連鎖
――わが社の社員・製品が狙われる可能性も!

1
nextpage

 日本人の特徴を表すときに、「本音と建て前」という言葉が使われることがあります。面と向かっているときは、本音を隠して建て前で発言する…そんな国民性があるようです。でも、抑えられた本音をどこかで解放させないとストレスが溜まってしまいます。その意味では、インターネットの登場は、「本音と建て前」から生まれるギャップを埋めてくれる救世主だったのかもしれません。

ネット社会がもたらした
「仮面の自由」

 インターネットの匿名性を利用して行われる書き込みの1つに、特定の企業・団体・個人に対する「誹謗中傷」があります。最近は、書き手が自分の名前をはっきり名乗るブログやSNSが流行してきました。その結果、自分の発言に責任をとって意見を述べるネットユーザーも増えています。けれども、一方で、インターネットはあくまでも匿名で本音を語るコミュニケーションの場だと考えている人も数多く存在します。2ちゃんねるなどの匿名型のネット掲示板の投稿数が非常に多いのもうなずけます。

 匿名型掲示板には、匿名性が守られることによってユーザー間の立場が平等になり、本音で活発な意見交換ができるというメリットがあります。その反面、本人の特定が難しいことを逆手にとって、非常に暴力的で無責任な投稿をくり返すユーザーを発生させる温床ともなっているのです。

人はなぜ
誹謗中傷するのか?

 居酒屋でサラリーマンが上司の悪口をさかなに酒に酔う。これはわりと見慣れた光景ですね。ここでの悪口は記録されることもなく、他のメンバーが知ることもなく、その場限りで消えていきます。この居酒屋談義がネット掲示板に舞台を変えたとき、「リスク・バズ」としての誹謗中傷が生まれていくのです。

・匿名性を利用して、自分の推測・憶測をまことしやかに書き込んで満足するユーザー

・その書き込みに触発され、さらに自分の発想を追記するユーザー

・面白い書き込みがあると宣伝してまわるユーザー

 こうした様々なユーザーを介して、ネット上に一度書き込まれた情報は、それが事実かどうかにかかわらず、あっという間に広がっていくのです。企業への誹謗中傷の書き込みは、社内の人間や元社員の手によるものがほとんどです。

 不平・不満のはけ口が居酒屋からネットに移った理由は、やはりその匿名性にあります。誰が書いたかわからない、という安心感が無責任発言を助長していることは否定できません。不平・不満は多かれ少なかれ誰にでもあるものです。でも、それが根拠のないデマを生み出すとき、企業の危機管理にとってシリアスな問題が生まれてくるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


村本理恵子 [マーケティング・コンサルタント]

1979年東京大学卒業後、時事通信社に入社。世論調査やマーケティング・リサーチの分析に携わる。98年専修大学教授。同年(株)ガーラ代表取締役会長に就任。(株)ガーラ総合研究所所長をへて、マーケティング・コンサルタントとして独立。企業のマーケティング活動に最新のネット口コミ情報を取り入れ、新しいユーザー志向マーケティングの確立をめざし活動中。


ネット口コミ徹底活用テクニック

ネット上の口コミ情報をいかにキャッチし、有効活用するか。また、自社の危機管理に生かす方法を、口コミ分析の第1人者が豊富な実例で解説。

「ネット口コミ徹底活用テクニック」

⇒バックナンバー一覧