ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ネット口コミ徹底活用テクニック
【第13回】 2008年4月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
村本理恵子 [マーケティング・コンサルタント]

情報の出しすぎは禁物。「もっと知りたい」という気にさせる
――口コミが口コミを呼ぶサイクルを設計する

1
nextpage

 口コミの発生がリアルな販売に結びついた事例は数多くあります。そこには「口コミの内容をマスメディアが情報として発信する」という共通点がありました。これをもっと詳しく見ていくと、もう1つの共通点がわかります。それは「口コミを探したいという気にさせる」ことです。

ネット口コミは
ネットだけでは完結しない

 「2ちゃんねる」から火がついた「恋のマイアヒ」のケースを思い出してみましょう。

 2007年7月15日、「恋のマイアヒ」を歌うバンドO-ZONEが来日し、音楽番組の「ミュージックステーション」に出演しました。その放映後に口コミが一気に爆発、同時に口コミの閲覧数も急増しました。キャラクターのネコの動画サイトへのアクセスは放映日に100万アクセスを突破しています。ちなみに、テレビの映像にはこのネコの動画も登場していました。

 「あの、テレビでやってたの何だろう?」
 「ねえ、テレビ見た?」
 「あのネコ何? どこで見れるの?」
 「あの曲って、なんていうの?」

 こんな会話が様々な場所で交わされたのでしょう。ネットの中だけではなく、リアルな口コミも同時に大量に発生したはずです。リアルな口コミから、「インターネットに情報があるらしい」と伝わり、ネットの口コミへのアクセスや書き込みが増えました。そして、これがまたリアルな口コミを起こしていきます。ネット口コミとリアルな口コミの循環が急速に展開した瞬間です。

 もう1つの代表事例、「電車男」の場合はどうでしょう。ネットの口コミを見たことがない人でも、「電車男」の名前をご存知の方は多いと思います。では、「電車男」の話題をはじめに知ったのは何がきっかけですか?マスメディア報道ですか? 友人の口コミからですか? 実はネット以外のところで知ったという方が多いのではありませんか?

 ネットユーザーはリアルな世界の生活者です。ですから、ネット口コミがネットだけで完結することはありません。口コミを読んだ人が実生活で語り、それがまた新たなネット口コミへのアクセスを呼ぶ。この循環の繰り返しです。

口コミが口コミを呼ぶ
サイクルを設計する

 企業側の取り組みとして、下記のような「ネット」と「リアル」の口コミ循環の仕組みづくりがポイントです。

(1)口コミから商品についての話題を発見する
(2)マスメディアに情報提供し、口コミで発見した話題を一部露出させる
(3)広告、店頭、街角の情報提供を(1)の話題にからめて企画する
(4)ネット口コミに新たな情報を提供して、次の循環を促進する
(5)また(1)に戻る

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


村本理恵子 [マーケティング・コンサルタント]

1979年東京大学卒業後、時事通信社に入社。世論調査やマーケティング・リサーチの分析に携わる。98年専修大学教授。同年(株)ガーラ代表取締役会長に就任。(株)ガーラ総合研究所所長をへて、マーケティング・コンサルタントとして独立。企業のマーケティング活動に最新のネット口コミ情報を取り入れ、新しいユーザー志向マーケティングの確立をめざし活動中。


ネット口コミ徹底活用テクニック

ネット上の口コミ情報をいかにキャッチし、有効活用するか。また、自社の危機管理に生かす方法を、口コミ分析の第1人者が豊富な実例で解説。

「ネット口コミ徹底活用テクニック」

⇒バックナンバー一覧