ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方

NPOが日本を救う!?

日本は「寄付金」が集まりやすい仕組み作りを!

竹中平蔵 [慶應義塾大学教授 グローバルセキュリティ研究所所長],上田晋也 [タレント]
【第27回】 2008年10月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

上田 今年はある法律の制定から10年という記念すべき年。その法律とは、「NPO法」です。よく耳にするNPO法人は、この法律に基づいて設立されています。今回は、このNPOについて考えてみましょう。

竹中 NPOというのは、ノン・プロフィット・オーガニゼーション、つまり「非営利組織」という意味。利益目的の団体でも政府機関でもなく、ボランティアのように「公のためになること」を少人数でやるのがNPOという団体です。

 巷には、「NPOをどう捉えたらよいのかわからない」という声も多いです。NPOがやっている仕事に関しては、「本来民間がやるべきか、それとも政府がやるべきか」ということが、折に触れてよく議論されます。しかし、そのような議論はあまり意味がないと思います。

 サービスには、役所(官)が行なう公的なサービスと、市場(民)で分配される私的なサービスとがあります。民間の市場では不可能なサービスを行なうのが公的なサービス、その公的なサービスを官に替わって民でやるのがNPOと考えれば、わかり易いでしょう。

NPO法以来3万以上の団体が誕生
役割は重要だが台所事情は厳しい

上田 なるほど。それでは、そもそもNPOとは何か? これは営利を目的としない非営利組織、つまりボランティア団体のことです。日本では、1995年の阪神淡路大震災をきっかけにボランティア活動がさかんになり、その結果、98年に特定非営利活動促進法(NPO法)が施行されました。

 このNPO法に基づき、主管官庁の許可を得て法人格を取得したNPO法人は、現在までに約3万3000にも上ります。特に2000年あたりから急増していますね。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹中平蔵 [慶應義塾大学教授 グローバルセキュリティ研究所所長]

1951年生まれ。一橋大学経済学部卒業後、日本開発銀行に入行。ハーバード大学、ペンシルバニア大学客員研究員、大阪大学助教授、慶應義塾大学教授などを経て、01年より小泉内閣で金融担当大臣、経済財政政策担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣を歴任。04年から06年まで参議院議員。

上田晋也 [タレント]

1970年生まれ。お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」メンバー。早稲田大学教育学部中退。91年に有田哲平とコンビ結成。レギュラー出演番組多数。


竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方

経済学者・竹中平蔵と、くりぃむしちゅーの上田晋也が、毎週楽しくわかりやすく日本の経済を解説。同名テレビ番組(BS朝日、朝日ニュースター)の一部を再構成してお届けします。

「竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方」

⇒バックナンバー一覧