ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
トヨタの自分で考える力
【第2回】 2015年7月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
原マサヒコ

汗をかくと怒られる!?
トヨタで求められる「成果」のレベルがすごい

1
nextpage

売上27兆円を超え、3年連続世界一を更新するトヨタ自動車。世界一の企業は同時に、世界一シビアな成果が求められる現場でもある。どの企業でも参考になる、トヨタグループ全体で徹底される「成果」のとらえ方を公開。

世界一シビアな現場での「成果」とは?

 その昔、機織りを自動で行う「自動織機」という機械を作る会社がありました。その会社で、社長の息子が昭和8年に「自動車部」という部署を立ち上げます。まだ日本では製造している会社がなかった自動車を国産で作り出そうという事業構想でした。そして、これが現在のトヨタ自動車の始まりだったのです。

 そんなトヨタ自動車のグループ会社(神奈川トヨタ自動車)で働いていた私は、仕事における「成果」というものを考えさせられることが多々ありました。所属している間は気が付かないのですが、後に様々な企業に転職をする度に「トヨタにおける成果のとらえ方」について改めて気づかされたのです。私が働いていたのはトヨタグループですが、私の印象では、トヨタの考え方はグループ全体で徹底されていると感じました。

 例えば、一般的な企業では“新人が頑張っていると褒められる”というシーンを見かけます。汗をかいていると上司が喜ぶ。夜遅くまで残ってやっていると感心される。ミスなく仕事ができると褒められる。これらはすべて、トヨタグループでは逆でした。努力のとらえ方、時間のとらえ方、ミスのとらえ方が違うのです。

 「成果」と言われるものが、一般的な企業とは全然違うものと現場では認識されていました。当時は当たり前のようにその環境で成長していきましたが、他の企業に移ってから「あそこは、成果に対して世界一シビアな現場だったのでは」と感じたほどです。今回はそんな「成果」についてよく聞かれた「口グセ」をいくつかご紹介していきたいと思います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


原マサヒコ

元トヨタNO.1メカニック。株式会社プラスドライブ代表取締役CEO。1996年トヨタ自動車にメカニックとして入社し、5000台もの自動車修理に携わる。現場において口ぐせを徹底的に叩き込まれ「自分で考える習慣」を身につけると、技術力を競う「技能オリンピック」で最年少優勝を果たす。さらに、カイゼンのアイデアを競う「アイデアツールコンテスト」では2年連続全国大会に出場するなど活躍。IT業界へ転身すると、PCサポートを担当したデルコンピュータでは「5年連続顧客満足度No.1」に貢献。2015年にWEBマーケティングを推進する株式会社プラスドライブを設立しCEOに就任。WEBマーケティングの現場において日々自分の頭で考えながら、クライアントの利益向上に貢献している。著書に『新人OLひなたと学ぶどんな会社でも評価される トヨタのPDCA』(あさ出版)などがある。
 


トヨタの自分で考える力

トヨタの現場はなぜ強いのでしょうか? それは、現場の一人ひとりが、自分で問題を見つけ出し、仕事のプロセスを改善し続け、みんなで共有しているからです。つまり、自分の頭で考える力を持っているから。そして、トヨタには日々の仕事の中で、それらの力を鍛えるための「思考の型」があります。この連載では、その「思考の型」をもとにした、改善から問題解決、マーケティングまで役立つ、トヨタ「秘伝の思考法」をご紹介します。

「トヨタの自分で考える力」

⇒バックナンバー一覧