ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営を強くする 会計7つのルール
【第2回】 2015年7月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
村井直志 [公認会計士村井直志事務所・代表]

日本で古くからある
一品単価を上げる効果的な方法とは?

1
nextpage

スターバックスコーヒー、イケア、セブン&アイ・ホールディングス、楽天、星野リゾート、俺のイタリアン、LINEなど、一流の経営者たちが大事にする「数字の極意」を分析し、経営を強くする秘訣を提示する連載。第2回は、「ルール1 客単価をつり上げる」方法について解説します。

「松竹梅」で価格をランク分けする

 客単価を上げる方策の1つ、「一品単価を上げる」の「一品単価」とは、おにぎり1つなど、商品・サービス一単位当たりの価格を指します。

 一品単価=売上高÷売上数量

 この一品単価を上げる効果的な方法の1つが、日本で古くからおなじみの「松竹梅」というランク分けです。

 たとえば、次の3社がうまくいっている代表例です。

・ヘアカットサービスのQBハウスで知られる『キュービーネット』
・JINSブランドのメガネを販売する『ジェイアイエヌ』
・スープストックトーキョーというスープ専門店を展開する『スマイルズ』

 各社それぞれ、ヘアカットサービス、メガネ、スープというように、売るものこそ違いますが、どれも絶妙な価格設定で、実にうまい商売をしています。

 そもそもなぜ、こうした松竹梅のような価格設定をとっているかといえば、それは顧客にとってわかりやすく、お店側にとって説明がしやすいからです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


村井直志 [公認会計士村井直志事務所・代表]

公認会計士村井直志事務所・代表(公認会計士。経済産業省・中小企業庁認定経営革新等支援機関。日本公認会計士協会、公会計協議会、地方公共団体会計・監査部会員)。
中央大学商学部会計学科卒。税務事務所、大手監査法人、コンサルファーム、東証上場会社役員などを経て、公認会計士村井直志事務所を開設。日本公認会計士協会東京会コンピュータ委員長、経営・税務・業務各委員会委員など歴任。 2013年日本公認会計士協会研究大会に、研究テーマ『CAAT(コンピュータ利用監査技法)で不正会計に対処する、エクセルを用いた異常点監査技法』で選抜。
ビジネスにまつわる「数字」を分かりやすく伝承するアカウンティング・キュレーターとして、経営コンサルティング・監査・不正調査のほか、セミナー・執筆などを行う。
著書に、『Excelによる不正発見法 CAATで粉飾・横領はこう見抜く』(中央経済社)、『強い会社の「儲けの公式」』(ダイヤモンド社)、『会計ドレッシング10episodes』、『会計直観力を鍛える』(以上、東洋経済新報社)他がある。

 


経営を強くする 会計7つのルール

世の中には、売上や利益で2番手以下を大きくぶっちぎり、ダントツな経営ができている会社があります。イケア、スターバックスコーヒー、セブン&アイ・ホールディングスなどがその代表格といえるでしょう。一方、赤字決算が常態化し、経営難に陥っている組織も、無数に存在します。これら両者を分ける理由とは一体何でしょうか?本連載では、その両者の違いを会計的な視点から分析し、その秘密を明らかにしていきます。経営管理に必要な「数字」への理解力を、深めてください。

「経営を強くする 会計7つのルール」

⇒バックナンバー一覧