ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
老後のお金クライシス! 深田晶恵

こんな金融商品にダマされるな!
「毎月もらえる」「外貨建て」にご用心

深田晶恵
【第22回】 2015年7月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

金融商品・保険商品で
オススメできるのは2割に満たない

 株価が好調になると「深田さん、ある商品勧められているんですけど、どう思いますか?」と尋ねられることが増える。どう思いますか? と言いながら、私に背中を押してもらいたがっていることが表情から読み取れる。

 「ある商品」は投資信託や保険商品で、大抵の場合、「買わないほうがいい商品」だ。手数料が高い、仕組みが複雑なうえにリスクが高いといったものがほとんど。たまに、詐欺に近い商品もあったりする。買う気満々の人の気持ちに上手に水を差すのは、なかなか難しい。

 有料のコンサルティングはいい。相談者は専門家のアドバイスを求めてきているの
で、商品の仕組みやリスクを説明したうえで、買うべきではないと思ったらそのように伝える。丁寧に説明する時間を取れるので、相談者は理解できるし、納得できる。

 ちょっと困るのは、セミナー終了後の質問だ。ざっと商品性を聞いたあとに「買わないほうがいいと思いますよ。理由は~~~です」とほぼ結論だけの回答となってしまう。

 個室でのコンサルティングのように丁寧に説明できないので仕方ないのだが、買う気満々の質問者は納得がいかない顔をする。ある会場では「深田さんに聞くと、あれもダメ、これもダメって言われそう」とつぶやきながら帰って行った人もいる。セミナーでも「手数料の高い商品はダメ」「流行に左右されるテーマ型ファンドは買わないほうがいい」と話しているので、そのようにつぶやくのだろう。

 そもそも金融商品や保険商品のうち、オススメできるのは2割に満たない。8割以上は売り手の都合で作られた「なくてもいい」商品だと思う。

「毎月40万円もらえる商品」に
お金を預けようと思います!

 一番困るのは、取引先の人が打ち合わせのついでに「この商品、勧められているのですが、どう思いますか?」と聞いてきたとき。読者のみなさんは、そんなことあるの?と思われるかもしれないが、たまにあるのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

深田晶恵 

ファイナンシャルプランナー(CFP)、(株)生活設計塾クルー取締役。

1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。20年間で受けた相談は4000件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、レタスクラブ等でマネーコラムを連載、ほかにダイヤモンド・オンラインでの『40代から備えたい 老後のお金クライシス!』のネット連載も 好評。

主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』、『投資で失敗したくないと思ったら、まず読む本』『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』、『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。
1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。18年間で受けた相談は3500件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、ダイヤモンド・オンライン等でマネーコラムを連載中。
主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』『投資で失敗したくないと思ったらまず、読む本』、『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。


老後のお金クライシス! 深田晶恵

「年金崩壊」「定年後破産」などの恐ろしい言葉が飛び交う少子高齢化の現代ニッポン。老後の生活を支えるお金について熟知しておくことは、もはや誰にとっても待ったなしだ。30代でも早すぎない、40代なら今まさに備えを始めたい、老後資金のあれこれを人気FPがわかりやすく指南する。

「老後のお金クライシス! 深田晶恵」

⇒バックナンバー一覧