ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営を強くする 会計7つのルール
【第3回】 2015年7月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
村井直志 [公認会計士村井直志事務所・代表]

客単価アップと顧客数アップでは、
どちらを優先するべきか?

1
nextpage

スターバックスコーヒー、イケア、セブン&アイ・ホールディングス、楽天、星野リゾート、俺のイタリアン、LINEなど、一流の経営者たちが大事にする「数字の極意」を分析し、経営を強くする秘訣を提示する連載。第3回は、「ルール1 客単価をつり上げる」と「ルール2 顧客数を増やす」の関係について解説します。

客単価を上げてから、顧客数を増やす

 強い経営をするには、「数字を引き上げる順番」にも注意が必要です。

 まず客単価を上げて、それから顧客数の増加を目指します。

 このうち客単価は、買上点数を増やすことを優先し、次に一品単価を上げることを目指すようにします。

 顧客数の方は、まず既存顧客の来店頻度を高めることを優先し、次に新規顧客の増加を目指します。

 これが、強い経営のルールです。つまり、以下の順番になります。

1 客単価を上げる(買上点数を増やす→一品単価を上げる)
 2 顧客数を増やす(既存顧客の来店頻度を高める→新規顧客を増やす)

まず、客単価を上げて、次に顧客数の増加を目指す
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



村井直志 [公認会計士村井直志事務所・代表]

公認会計士村井直志事務所・代表(公認会計士。経済産業省・中小企業庁認定経営革新等支援機関。日本公認会計士協会、公会計協議会、地方公共団体会計・監査部会員)。
中央大学商学部会計学科卒。税務事務所、大手監査法人、コンサルファーム、東証上場会社役員などを経て、公認会計士村井直志事務所を開設。日本公認会計士協会東京会コンピュータ委員長、経営・税務・業務各委員会委員など歴任。 2013年日本公認会計士協会研究大会に、研究テーマ『CAAT(コンピュータ利用監査技法)で不正会計に対処する、エクセルを用いた異常点監査技法』で選抜。
ビジネスにまつわる「数字」を分かりやすく伝承するアカウンティング・キュレーターとして、経営コンサルティング・監査・不正調査のほか、セミナー・執筆などを行う。
著書に、『Excelによる不正発見法 CAATで粉飾・横領はこう見抜く』(中央経済社)、『強い会社の「儲けの公式」』(ダイヤモンド社)、『会計ドレッシング10episodes』、『会計直観力を鍛える』(以上、東洋経済新報社)他がある。

 


経営を強くする 会計7つのルール

世の中には、売上や利益で2番手以下を大きくぶっちぎり、ダントツな経営ができている会社があります。イケア、スターバックスコーヒー、セブン&アイ・ホールディングスなどがその代表格といえるでしょう。一方、赤字決算が常態化し、経営難に陥っている組織も、無数に存在します。これら両者を分ける理由とは一体何でしょうか?本連載では、その両者の違いを会計的な視点から分析し、その秘密を明らかにしていきます。経営管理に必要な「数字」への理解力を、深めてください。

「経営を強くする 会計7つのルール」

⇒バックナンバー一覧