ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今度こそ満足の家byダイヤモンドQ

100才まで安心できる
“終の棲家”リフォームの極意

ダイヤモンドQ編集部
【第1回】 2015年8月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

住んでいる家を「終の棲家」にしたいという人は多い。100才になっても安心して暮らせるリフォームのノウハウをダイヤモンドQ編集部が紹介する。

 「介護をする上で一番手間がかかり、介護される方も負担が大きいのがトイレとお風呂。この二つを何とかしないと、お互い不幸になってしまう」

 多くのリフォームを手掛けてきた建築家の天野彰・一級建築士事務所アトリエ4A代表は、介護の現場もつぶさに見てきた設計のプロだ。その現場でひらめいたのが、「手つきトイレ」だ。

手つきトイレの一例。手だけでベンチによじ登って、トイレを一人で済ますことができる。

 下図内の写真のように、洋式便器の両脇にしっかりとした台を設置するか、ベンチに便器を埋め込んでしまうものだ。便器の脇に手を突いて座れるのでバランスを崩して落ちにくい。何より、手だけでベンチによじ登って用を足すことができる。

 介護される人は、夜中にトイレに行くたびに家族や介助者を起こすのは申し訳ないと思い、無理をして自力でトイレに行くことがある。そこで転倒して骨折し、寝た切りになってしまうという事故が頻繁に起きている。そこで這ってでも一人でトイレに行け、事故も起きにくいのが手つきトイレだ。

 浴室についても同様に、湯船の隣にいったん座れる台があるだけで、入浴が楽になる。特に浴槽が深い場合は手すりと一緒に設置すれば安心だ。また脱衣室と浴室の間に段差がある場合は、すのこを敷いて高さを調整する。ちょっとした段差の方が人は転びやすいからだ。

 子供たちが独立して部屋がたくさん余っているのであれば、思い切ったリフォームをするのもいいだろう。その際、介護を見据えて、1階だけで生活できるように模様替えするといい。寝室の近くにトイレ、浴室を設置するのも実用的だ。細かいことだが、全ての室内のドアは引き戸に変えた方がいい。トイレなどで倒れた際に、引き戸であれば簡単に外からでもドアを開けることができる。

 天野代表は「50代、60代という元気なうちに、前向きなリフォームでもいいし、思い切って終の棲家に建て替えてもいいし、とにかく準備しておけば、それこそ100才になっても安心だろう」と説く。

次のページ>> 耐震診断は10万円から
1
nextpage

「家についての悩み」を解決したいなら、
実用ライフスタイル誌ダイヤモンドQをどうぞ!

あなたのQuestionにズバッと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。老人ホーム選び、病院選びから、資産運用、保育園選びまで、重大な決断を骨太の記事やランキングで手助けします。

2015年9月号 好評発売中(税込680円)

ダイヤモンドQ2015年9月号

第1特集「今度こそ満足の家」
50代以降のリフォーム、住み替えのノウハウとは

第2特集「この夏厳選!親父のおもてなし料理」
派手に見えるが、実は簡単な料理を紹介

第3特集「強欲僧侶に騙されるな!お墓覆面調査」
徹底取材で明らかになった、「本道」を踏み外したお墓とは

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ダイヤモンドQ編集部

あなたのQuestionにズバっと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。保育園選び、学校選び、病院選び、老人ホーム選びなど、人は人生の節目で重要な決断をしなければなりません。ダイヤモンドQは、ランキングやエッジの聞いた骨太の記事であなたの「知りたい」に答えていきます。詳しくはホームページ[http://www.diamond.jp/gr/q]をご覧ください。


今度こそ満足の家byダイヤモンドQ

今度こそ満足のいく住まいに住みたい…。昔から「家は3回建てないと満足できない」というが、それだけいろいろなノウハウやテクニックが必要ということだ。当編集部では、「建築家で本当に満足できる家を建てる方法」「終の棲家にするためのリフォーム術」「正しいリフォーム会社の選び方」「憧れの田舎暮らしを成功させる方法」など、盛りだくさんの情報を提供する。より満足のいく住まいを実現するための役立ててほしい。

「今度こそ満足の家byダイヤモンドQ」

⇒バックナンバー一覧