ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ニッポン 食の遺餐探訪

究極のオーガニック日本酒を生んだ地方酒蔵の挑戦

樋口直哉 [小説家・料理人]
【第33回】 2015年8月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
『和の月』(なの月)。ラベルには有機で育てた米の稲わらがすき込んである。題字も含めて物語がある

 日本酒。ワインやビールなど数ある酒のなかでも国名が冠された酒は世界にも類がない。この国の食文化の豊かさを支える重要な柱である。

 ところがデータのうえでは国内の日本酒(清酒)の消費量は右肩下がり。例えば昭和50年に167万5000klあった消費量は、平成25年には58万1000klまで減少した。実に約66%減という大きな減少幅だ。昭和45年に3533軒あった蔵元の数も平成25年には1652軒にまで減った。

 減少には様々な理由が考えられる。ビール、ウイスキー、ワインなどとの競争や生活様式の変化などもあるが、戦後のコメ不足から生まれた三増酒のイメージから脱却することができなかったことなどだ。

 そんな日本酒の世界は今、新しい時代を迎えている。僕自身もおいしいと思う日本酒に出合う機会が増えたし、周囲にも「日本酒好き」を公言する人が増えた。「クールジャパン」の一つとして海外からの注目もあり、アメリカやニューヨーク、パリなどでも日本酒バーが人気を集めている。個性のある蔵元が多様な日本酒を世に送り出しているからだ。今回、訪れた茨城県大洗にある『月の井酒造店』もそんな蔵元の一つ。

原料米から製法まで
全てがオーガニックな日本酒

 潮の香りのする街、大洗。『月の井酒造店』はその大洗にある唯一の酒蔵で、オーガニック日本酒でも有名だ。

 八代目を継がれたばかりの坂本直彦さんにお話を伺った。

月の井酒造店の八代目で専務取締役の坂本直彦さん。夢は近隣の農家と農閑期にはその米で酒造りをすること。「自分のつくった米が酒になるって面白いと思うんです」

 「オーガニック日本酒はここ十年の商品で、母が自分たちは食べ物には気をつけているのに、なんで売っている商品がオーガニックじゃないんだろう、というきっかけではじめたものです」

 オーガニック日本酒、誕生の物語については七代目坂本敬子さんによる手記『さいごの約束 夫に捧げた有機の酒「和の月』(文藝春秋刊)があり、この話はドラマ化もされた。

 「まずお米の確保をしなくちゃいけない。酒造好適米(タンパク質の少ない酒造りに向いている品種)を探すことからはじまりました。有機JAS認証を受けるためには三年間、無農薬の田でないといけない。すると限られてきますよね。私たちの場合はたまたま茨城県内の農家さんとの出会いがあって、有機の美山錦にたどりつきました」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

樋口直哉 [小説家・料理人]

1981年生まれ。服部栄養専門学校卒。料理人として活動する傍ら、2005年、『さよならアメリカ』で群像新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。ほかの作品に『月とアルマジロ』(講談社)、『大人ドロップ』(小学館)、『星空の下のひなた。』(光文社)、『ヒマワリのキス』(徳間書店)、『アクアノートとクラゲの涙』(メディアファクトリー)がある。

 


ニッポン 食の遺餐探訪

和食を世界遺産に、という動きが農林水産省を中心にはじまっている。日本料理はここ十年余りの世界的な流行になり、外国の料理人の多くも関心を持っていて、誰もがそれを理解しようとしている。しかし、当の日本人の多くは日本料理を理解できていないのではないか。そこでこの連載では、日本の食を支えている道具や食材をつくっている生産者、職人を訪れて、私たち日本人が知らない日本の“食の遺餐”を紹介していく。 

「ニッポン 食の遺餐探訪」

⇒バックナンバー一覧