ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

NHK朝ドラの主人公「マッサン」は
なぜ本場じゃない日本で高品質ウイスキーを作れたか

樋口直哉 [小説家・料理人]
2014年10月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
高視聴率を記録するNHK朝ドラ「マッサン」主人公のモデル・ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝の銅像

 今、ウイスキーが世界的なブームとなっています。消費を牽引しているのはBRICSに代表されるような新興国。ちなみに世界一ウイスキーを消費していた国は長らくアメリカでしたが、ここ数年はインドだそう(土屋守「ウイスキー通」新潮選書より)。経済成長著しい、中国も消費を伸ばしています。

 ウイスキーというお酒は経済成長の象徴なのかもしれません。日本においては戦後、一貫して消費量を伸ばしていましたが、1980年台に入ると一気に減少。ようやく増加に転じたのは2000年代に入ってから。日本生まれのカクテルであるハイボールがブームになったのは記憶にあたらしいところです。なんとなく「大人のお酒」っていうか「おっさん臭い」とも思われていたウイスキーのイメージを改善するべく、堅苦しくなく飲めるハイボールが受け入れた格好でしょうか。

 今年はNHKの朝ドラの主人公がニッカウヰスキー(以下、ニッカ)の創業者、竹鶴政孝とその妻リタがモデルなので酒造メーカーは売上を伸ばすため、このところ盛んにPRしていますね。今のところ目立っているのはPR上手なサントリーのような気がしますが、ニッカがつくったサイト「マッサンとリタの物語」も好評な様子です。

実は世界で熱狂的な人気を集める
日本のウイスキーの基礎知識

 ところで、お酒について語るのって難しくないですか? お酒の話を書くことが許されたのは、作家でいえば伊集院静さんのような方たちが世代でいえば最後。それ以降の世代が語ってもなんとなく『様』になりません。

 インターネットにウイスキーのうんちくを書いたら「村上春樹か(笑)」と揶揄されそうな風潮があります。村上春樹さんには『もしも僕らの言葉がウイスキーだったなら』という名紀行文がありますが、今の時代=若い世代の作家にはちょっと書けない種類の本です。ウイスキーに代表されるような大人文化(この表現は好きじゃないですが)はすっかり衰退したように思います。

 ところが、日本から一歩、外に出てみれば、状況は変わります。最初に述べたように新興国でウイスキーは非常に人気ですし、日常消費でいえばフランスもなかなかです。若者のワイン離れ、が叫ばれているフランスでも、ウイスキーは意外と消費されているのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

樋口直哉 [小説家・料理人]

1981年生まれ。服部栄養専門学校卒。料理人として活動する傍ら、2005年、『さよならアメリカ』で群像新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。ほかの作品に『月とアルマジロ』(講談社)、『大人ドロップ』(小学館)、『星空の下のひなた。』(光文社)、『ヒマワリのキス』(徳間書店)、『アクアノートとクラゲの涙』(メディアファクトリー)がある。

 


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧