ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山奥の小さな酒蔵、世界に挑む
【前編】 2013年8月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
桜井博志 [旭酒造株式会社 代表取締役社長]

海外の日本酒流通のしがらみを打ち破り
お客様にベストの『獺祭』を見せたい
桜井博志・旭酒造社長インタビュー【前編】

1
nextpage

純米大吟醸『獺祭』を展開する山口県の旭酒造。2012年度の売上高は25億円(前期比51%増)と10年間で約6倍に成長した。今年度の売り上げも、それをさらに50%上回る破竹の勢いで伸びており、青息吐息の日本酒業界にあって、数少ない勝ち組といえるだろう。3代目の桜井博志社長はしかし、現状に甘んじることなく、海外市場の掘り起こしを本格化させる。この前編では、海外市場の開拓に向けた手応えと課題などを聞いた。(文中敬称略)

―――今年5月に、東京・京橋に直営の日本酒バー『獺祭Bar 23』が開店しました。獺祭の全ラインナップと、小山裕久氏による創作和食が楽しめる、というシンプルなコンセプトで、決してお安くないですが(笑)盛況ですね。

桜井 オープンした月は予算比約200%、今は少し落ち着きましたがそれでも同150%程度と、予想していた以上にたくさんのお客様に来て頂いて、連日満員です。純粋に飲食店として成功させようとしてつくった店ではないので、それからすれば、お陰様で信じられないような反響ですね。

―――同店出店のいちばんの狙いは、ブランド発信ですか。

桜井博志社長。「私たちはいつまでも“山口の山奥の小さな酒蔵”。いつも「あぁ、美味しい」というお客様の声がすべてです」

桜井 それもありますが、海外に展開するプロトタイプにしたいと考えています。そもそも、丁寧につくられた高級な和食と日本酒を楽しんで頂くスタイルが受け入れられるか、実験してみたかったんです。近年、日本酒業界にかぎらず飲食業界が、ともすると安いほうへ流れていることに疑問を感じていたので。

 そういう風潮を呼んだ背景には、いくつか理由があります。

 たとえば、お客様側の要望として、酒そのものは高価格帯でも、それに付随するサービスは安いほうがいい、と割り切っておられる方は多い。また、酒蔵の社長も、安きに流れるのを助長しているところがあります。誤解を恐れずに言えば、昔の酒蔵は田舎の名士と見られていたから、むしろなるべくカネがない風に見せるのが粋であって、今もそのノリで立ち飲み屋で飲むのを喜ぶわけです。酒蔵も実のところ、いまや持っているのは資産だけで、フローのキャッシュが潤沢なわけじゃないんですけどね、うちも含めて(笑)。

高級な日本食の店にワインが並ぶ寂しさ

桜井 そうこうしているうちに、京都にあるミシュランで星がついているような伝統ある日本料理の店には、ワインばかり並ぶようになってしまった。「いえ、日本酒も置いていますよ、うちはちゃんと」と言われてしまう体たらくです。

 ワインの話になると「僕が選んできます」と身を乗り出すご主人も、日本酒のときは「ここにメニューがありますから、どうぞ」と明らかにテンションが下がっている。これって、問題ですよね。日本でいちばん高級といえる日本料理の店で、日本酒がどんどん追いやられているわけですから。

 もちろん、立ち飲み屋には、それの良さがあります。だけど一方で、お客様も、安ければなんでもいいわけじゃなく、満足して納得できる価値を求めておられるはずだ、と信じてつくったのが、今回のバーです。当初は社内でも「値段が高すぎるんじゃないですか」と批判的な意見もありましたが、フタを開けたら大盛況で、本当に嬉しく思っています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


桜井博志 [旭酒造株式会社 代表取締役社長]

1950年、山口県周東町(現岩国市)生まれ。家業である旭酒造は、江戸時代の1770年創業。1973年に松山商科大学(現松山大学)を卒業後、西宮酒造(現日本盛)での修業を経て76年に旭酒造に入社したが、酒造りの方向性や経営をめぐって先代である父と対立して退社。79年に石材卸業の櫻井商事を設立して集中していた。父の急逝を受けて84年に家業に戻り、純米大吟醸「獺祭」の開発を軸に経営再建をはかる。社員による安定的な旨い酒造りを目指し、四季醸造の実現や遠心分離機の導入など改革を進めた。2000年頃から始めた海外販売を本格強化するため、2014年のパリを皮切りに海外直営店を出店予定である。


山奥の小さな酒蔵、世界に挑む

純米大吟醸『獺祭』を展開する山口県の旭酒造。2012年度の売上高は25億円(前期比51%増)と10年間で約6倍に成長した。今年度の売り上げも、それをさらに58%上回る破竹の勢いで伸びており、青息吐息の日本酒業界にあって、数少ない勝ち組といえるだろう。3代目の桜井博志社長はしかし、現状に甘んじることなく、海外市場の掘り起こしを本格化させる。海外市場に打って出る狙いやその成長可能性、増産体制を整えるうえでの課題を聞いた。

「山奥の小さな酒蔵、世界に挑む」

⇒バックナンバー一覧